ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞 受賞インタビュー

(C)テレビ東京

内野聖陽

続編をやるなら西島さんのケンジを見てみたい!(笑)

受賞のご感想をお聞かせ下さい
初めての主演男優賞、ありがとうございます。人気の高い原作漫画のキャラクターを演じることには当初不安もあり、原作ファンの皆さまゴメンナサイ的なところもありましたが、放送が始まってみると、たくさんの方に『イメージぴったり』と言ってもらえて、意外でもありとてもうれしかったです。
ケンジは居候のような立場ですが、シロさん(西島)が「居ていいよ」と言うということは、シロさんにとってケンジは精神的にはとても大切な存在なのだろうと思って演じていました。ケンジはシロさんの作った料理を心から「おいしい」と言うし、シロさんはケンジを傷つけたらちゃんと謝る。今の時代、人間関係がギスギスしているけれど、本当に好きな人と自然体で生活している描写が、見る人にとっても心の琴線に触れたのではないかなと思います。

原作と同じく、ドラマもリビングでの生活の場面がほとんどで、カップルとしての性的な部分は描かない方針。そこが広く受け入れられた要因の一つでは…。とはいえ、僕は暗示的な部分ではそういう匂いがないとつまらんと思って、ベッドルームでの2人を想像させるようなことを常にやらかそうとしていました。最終話でケンジがシロさんの髪を切って後ろから抱き締める場面もこだわりました。僕としては向き合ってキスをするとか、もっと濃いラブシーンでも受けて立つつもりだったんですけど…それこそねぇ、見ちゃいられませんよ(笑)。

男女のカップルならベタになってしまうところも、男性同士だと笑って見ていられる。西島さんともよく「この恋愛模様って男同士だからこそ伝わるものってあるよね、そこが新しいよね」と話していました。撮影中は、とにかく西島さんが僕のケンジを温かく受け入れてくださって、2人でセッションするのが楽しかったです。もし続編が作られるとしたら? 今度はぜひシロさんを演じてみたいですね。ケンジのようにいつもおおらかでいたいけど、シロさんも分かるなぁ。そして、西島さんのケンジを見てみたい!(笑)

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報