ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • 異色ミステリーの主人公を演じた田中圭が栄冠!
    (C)日本テレビ

    異色ミステリーの主人公を演じた田中圭が栄冠!

    田中圭が「おっさんずラブ」(2018年テレビ朝日系)以来、2度目の受賞。「前半のデレデレした顔から後半で復讐に燃える姿への変化」「菜奈を愛する男という一貫性で物語をけん引した」と半年間の熱演を評価された。2位に日曜劇場初主演の大泉洋。「コミカルなイメージだが、熱い男の役で意外性を見せた」と新境地を開いた。3位は「セミオトコというファンタジックで難しい役を演じきった」山田涼介。4位の三浦春馬は「娘を思う気持ちを切実に見せ、逃げ方に魂がこもっていた」と感動を呼んだ。5位の唐沢寿明は「体を張った演技と安定感」で圧倒した。

    【役柄への評価】
    年上の妻を持つ新婚の夫・手塚翔太役。妻の菜奈(原田知世)が大好きで仕方ないワンコのような前半から一転、菜奈が殺されてからは復讐に燃える。その中でも温かみを残したキャラクターは多くの人に愛された。手塚翔太名義の主題歌「会いたいよ」も話題を呼んだ。

    受賞者インタビュー

    自分の中での代表作を更新してくれました!

    第102回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞 受賞インタビュー
    (C)日本テレビ
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    主演男優賞は狙っていたわけではありませんが、願わくば、翔太でこの賞を取りたいと思っていました。冷静に考えると翔太は、底抜けにいい人なのに、本当にひどい目にしか遭っていなくて、僕もとても感情移入していました。皆さんもそうだったのかなと思うと、「翔太、良かったな」と感じます。
  • サラリーマンの機微を表現した大泉洋に支持が集まる!

    突然ラグビーチームのGMとなった、エリート社員・君嶋隼人役。初めは出世街道に未練を残すも、チームと共に困難を乗り越えていく姿に、「サラリーマンの機微を見事に表現した」という声が集まった。

  • 3

    山田涼介

    セミオトコテレビ朝日系

    異色のキャラクターに絶賛の声!

    人間の姿になった美しいセミの王子・セミオ役。目に映るあらゆるものに感動する愛らしい青年を演じた山田涼介に、「かわい過ぎる」「優しい笑顔で幸せな気持ちになった」と、癒やされた視聴者が多数!

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報