ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第103回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞

  • 1

    高畑充希

    同期のサクラ日本テレビ系

    異色のヒロインを演じきった高畑充希が初の栄冠
    撮影=星野耕作

    異色のヒロインを演じきった高畑充希が初の栄冠

    読者、記者、審査員の全てに支持された高畑充希が堂々の受賞。「変人のヒロインなのに応援したくなった」「ロボットのような無表情から激しい感情の吐露までの幅広さ」「クセのある遊川脚本に命を吹き込んだ」と絶賛された。

    2位の波瑠は「眼鏡姿がかわいい」「不器用で真っすぐなヒロインにぴったり」と人気を集めた。3位の米倉涼子は「病気をした後の未知子を演じ、変化をつけた」挑戦を評価された。4位に「愛情深く芯の強い昭和の母を嫌みなく演じた」井上真央、5位に「狂気の女性を演じ、ゾクっとさせた」高岡早紀が入った。

    【役柄への評価】
    大手ゼネコン・花村建設に入社し、どんな逆境でも自分を貫く忖度(そんたく)できない性格の北野サクラ役。真っすぐな性格故に立ちはだかる困難も多く、視聴者からはサクラを応援する声も。「私には夢があります」「ひじょーにいい」などの印象的なフレーズも話題に。

    受賞者インタビュー

    サクラを好意的に受け入れてもらえてほっとしました

    第103回 ドラマアカデミー賞 主演女優賞 受賞インタビュー
    撮影=星野耕作
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    私にとって「同期のサクラ」は初めて企画段階から打ち合わせに参加させてもらった作品でした。その作品で受賞できたのが、すごくうれしいです。
  • 眼鏡姿にも「かわいい」と注目が…

    寿退社間近に婚約破棄をされたアラサー女子の小暮也映子役。バイオリンも恋も、不器用ながら真っすぐに突き進んでいく姿は、多くの視聴者から愛された。また、也映子の眼鏡姿も「かわいい」と注目された。

  • 病を乗り越えた未知子の“進化”が視聴者の胸を打った

    フリーランスの天才外科医・大門未知子役。「私、失敗しないので」の決めぜりふで信念を貫き通した未知子。前シリーズで自身の病気を乗り越えた未知子が、今作でより患者に寄り添う姿は視聴者の胸を打った。

第103回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

VOTE投票シート
  • 以下6部門全てを選択し、投票してください。
  • 投票完了後、抽選で当たるプレゼントにご応募いただけます。
 投票する
 投票する
投票完了

0/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

6/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

ご投票ありがとうございました。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

投票完了後にご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募ありがとうございました。

【PR】オススメ情報