ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

BORDER

「金城(一紀)さんの作品をテレビ朝日で、ゴールデンタイムで、小栗旬さん主演でやらせていただくという初めての挑戦尽くしだったので、きちんと世に出せるのか…というプレッシャーとの戦いでした。金城さんの作品は、最初の企画書の段階で作品世界が完璧に構築されているので、これをどう具現化するかというのが最大の挑戦でした。作品の世界観やキャラクターが揺らがなかったので、それぞれの役をどんな方に演じていただければ化学反応が起きるだろうと掘り下げることができ、ゲストも含め、今までの連続ドラマにはない組み合わせの方々に集まっていただけました。キャスト・スタッフ全員が作品にのめり込み、今までにない挑戦を楽しみながら作ろうという熱と思いが伝わったのだとすればこれ以上の喜びはありません。ラストシーンも含めて挑戦尽くしの作品であったにも関わらずこのような賞がいただけたのは、最後まで支持して見てくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」(山田兼司P)

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

生と死のボーダーを往来し、“死者と対話できる”特殊能力を手にした刑事・石川(小栗旬)が、事件や事故により命を落とした死者から証言を聞き出し、“神の領域”に足を踏み入れてでも事件を解決すべく動く。生と死、正義と法、情と非情…さまざまなボーダーで葛藤しながらも、被害者の無念を晴らすために立ち向かっていく。

第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報