ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

HERO

連続ドラマの良さというものを改めて学ばせてもらえました

「放送が始まる前は受け入れてもらえるかなという不安もありました。検事と事務官というそれぞれのペアが見せていくことで話が進んでいく構図やセットなど、〝これがHEROだよね〟という部分をなるべくなくさずに残したい。またキャストが新しくなっても、『HERO』ルールの中でその人たちが生きているというふうに感じてもらえるように制作したいと思っていました。そういった意味で、絶対的なドラマの見方のルール、楽しみ方のルールは、13年前と変わっていなかったのかなって思います。今、連続ドラマでなかなか視聴率を大きく取れるものが少なくなっています。その中で13年たっても久利生というキャラクターや、城西支部のメンバーに、視聴者が愛情を注いでくれて、『毎週放送を楽しみにしてるよ』という声をたくさんいただき、連続ドラマの良さというものをあらためて学ばせてもらえました。いい作品に関われて、幸せだなと感じています」(渡辺恒也P)

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報