ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

井上由美子

私にとってはあれも一つのハッピーエンド

「今作は今までの作品の中で一番、友人たちからの反応が多くて、奥さんたちが楽しみにしてくれていたんだなっていう実感がありました。紗和はドラマを見ている方々に近く、利佳子は遠いキャラクターを意識しましたが、どんな女性の中にも紗和と利佳子、両方がいます。『どっちが私だろう』と楽しんでもらえればと思って書きました。ラストの展開にはかなり悩んで、妊娠から心中までたくさんの結末を考えました。でも、紗和と北野が結婚してしまったら、そこで燃えるような恋は終わります。擦れ違ったまま別れた方が、いつか再会したときに駆け寄り抱き合えるかなと思いました。私にとってはあれも一つのハッピーエンドです!」

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報