ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • “すごみ”を感じた官兵衛・岡田准一が勝利

    若年期の爽やかさ、幽閉後から終盤へかけての鬼気迫る芝居、黒田官兵衛という人物の生涯を見事に演じ切った岡田准一が2位に大差をつけて1位を獲得。「役に対するひたむきさが随所に感じられた。悪バージョンの官兵衛の演技は秀逸だったし、九州で挙兵し天下を狙った官兵衛の変貌がすさまじかった」と演技力を絶賛する声が多数寄せられた。2位は「信長協奏曲」小栗旬、3位は「ごめんね青春!」の錦戸亮がランクインした。
    【役どころへの評価】豊臣秀吉を天下人に押し上げた希代の軍師・黒田官兵衛役。若々しい姿から晩年の如水になるまで、1年間にわたって熱い演技を披露した。本能寺の変で見せたダークな一面や、関ヶ原の合戦時に見せた荒々しい姿など、多彩な演技で官兵衛の姿を表現した。

  • 2

    【役どころへの評価】戦国武将・織田信長と、タイムスリップし信長に成り代わった高校生・サブローの2役を演じた。中盤からは本物の信長が名乗った明智光秀も熱演。持ち前の演技力で、勉強嫌いなサブローと聡明な信長といった個性の違うキャラクターを見事に演じ分けた。

  • 【役どころへの評価】駒形大学付属三島高校(通称・東高)の国語教師役。14年前に放火事件を起こしたが、告白できず苦しみながらも、生徒に寄り添う教師を熱演。基本は頼りないが、時にりさ(満島ひかり)を説き伏せるなど〝決めるときは決める〟平助を表情豊かに演じた。

第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報