ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞

  • 1

    福澤克雄、田中健太

    陸王TBS系

    妥協しない画作りで「陸王」チームが受賞
    (C)TBS

    妥協しない画作りで「陸王」チームが受賞

    「陸王」の福澤克雄と田中健太が受賞。「大勢のエキストラを動員しての迫力ある駅伝シーンと演技派同士の火花が散る人間ドラマ。その両方の演出に一切の妥協が見られなかった」「アップで役者の良さを引き出した」と絶賛された。2位は小気味良いテンポが好評だった「監獄のお姫さま」の金子文紀ほか。3位は「OP映像からスタイリッシュ」と人気を集めた「刑事ゆがみ」の西谷弘ほか。

    受賞者インタビュー

    迫力のある大規模なシーンに見応え!

    第95回 ドラマアカデミー賞 監督賞 受賞インタビュー
    撮影=下田直樹
    Q 「陸王」で、最優秀作品賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください。 
    福澤克雄:受賞できてよかったです。50歳を過ぎて、面白いものさえ作ればいいってものじゃない人生になってきたなと感じています。昔とは考え方が変わりました。TBSの日曜21時は看板枠。『華麗なる一族』の時から思っていましたけど、男性もよく見ている時間帯なんです。だから、ドラマを見て元気になってもらって、また月曜日から働いてほしい。特に日本を支えている製造業の人たちに見てもらいたいですね。僕もかつて富士フィルムに勤めていたから分かるんですけど、フィルムがなくなっていくんじゃないか、車のエンジンは全部モーターに変わるんじゃないか。時代の流れの中で、今まで作ってきたものが全部ムダになるんじゃないかって結構ビクビクしているんですよ。現場で働いている人たちは。でも「陸王」は、今まで培ってきた技術は決してムダにならないことを教えてくれる。伝統を守ってきた「こはぜ屋」の人たちが、時代の波に押されながらも新しいものに取り組む姿を見て元気になってもらいたい。特に製造業の方たちには、勇気を持っていろんなことに挑戦してほしいという願いを込めて作りました。 田中健太:僕もそういう思いを抱きつつ、とにかくいいものを作りたい。それだけを考えながら粛々と撮っていました。

第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

VOTE投票シート
  • 以下6部門全てを選択し、投票してください。
  • 投票完了後、抽選で当たるプレゼントにご応募いただけます。
 投票する
 投票する
投票完了

0/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

6/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

ご投票ありがとうございました。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

投票完了後にご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募ありがとうございました。

【PR】オススメ情報