ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 強烈なインパクトを残した 木村多江の熱演に高い評価
    撮影=石塚雅人

    強烈なインパクトを残した 木村多江の熱演に高い評価

    「清楚さと色気とイタさを同時に表現する演技力」で圧倒した木村多江が受賞。2位の葵わかなは「野望渦巻く医師の中で良心を象徴」、3位の内田理央は「女性に嫌われかねない役を自然体で演じた」と評価された。

    受賞者インタビュー

    綾子をただ怖いだけのキャラクターにはしたくなかった

    第97回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    撮影=石塚雅人
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    綾子役には生みの苦しみがあっただけに受賞は本当にうれしいです。不倫して暴走してしまう綾子をただ怖いだけのキャラクターにはしたくなかったので、第6話ぐらいまでは演じながら「本当にこの芝居でいいんだろうか。もっと違う方法があるんじゃないか」と自問自答し、眠れない日が続きました。 秀明(玉木宏)が美しい妻・真弓(中谷美紀)を差し置いてまで走ってしまう女性として魅力的に見せなければいけないプレッシャーもありました。男性には好かれるけれど女性には好かれない。そんな湿度の高い女性として演じました。
  • 新人看護師役の葵わかなが評価を集める

    新人看護師・花房美和役。真面目で穏やかな性格だが、芯は強くブレない美和を力強く演じた。世良とは医師と看護師の違いはあるが同じ新人として通じ合い、次第に心温まる関係に。

  • 3

    主人公の幼なじみを演じた内田理央は3位に

    「居酒屋わんだほう」の看板娘で、春田の幼なじみ・荒井ちず役。男性に告白された春田をフラットな目線で応援しつつ、ふと春田への恋心に気付く。時折見せる切なげな表情が涙を誘った。

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

視聴熱10月17日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報