ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

撮影=島本絵梨佳

義母と娘のブルース

キャストスタッフが細部までこだわって作ったドラマでした(飯田和孝P)

受賞の感想をお聞かせください
このドラマは、頑張って親子になろうとする義母と娘、そして2人を支えた人たちの10年間を描いた、大きな意味でのラブストーリーだと思っています。一見、シンプルな日常のドラマを、綾瀬(はるか)さんをはじめ、キャストスタッフ全員が細部までこだわって作ったドラマが、視聴者の皆さまに伝わり、とてもうれしいです。
物語中盤での「良一さんの死」という意外性はありますが、死を悲しむのではなく、生きることに前向きであり続ける人物たちを描き、明るいドラマを目指しました。家族や愛にはいろいろな形があってもいいというのもテーマの一つです。綾瀬さんが常に探究心を持って亜希子を演じ、竹野内(豊)さんは良一の感情を繊細に表現し、佐藤健さんはバカだけど決して憎めない麦田を愛してくれました。この賞は、関わった全員が登場人物とこの作品を愛し、全力疾走した結果だと思います。見てくださった皆さま、ありがとうございました。(飯田和孝P)

取材・文=小田慶子

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱9月19日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報