ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞 受賞インタビュー

撮影=島本絵梨佳

常廣丈太、瀧本智行

キャスト・スタッフが考えて信じてできた作品です(常廣丈太)

受賞の感想をお聞かせください
「dele」は話やテーマを伝えようとするときに、どういう部分に気を付ければいいかというのをものすごく考えた作品でした。
スタート前に、山田兼司Pとは「思っていることをちゃんとやろう「と話しまして。どのスタッフもこれまでの蓄積の中で、ドラマやストーリーの伝え方にいろいろな思いがある。それに制限をかけずにやりましょうよ、と。高度過ぎるかもしれないし、視聴者の方々にそっぽを向かれるかもしれないけど、地上波のドラマでもちゃんとやればここまでできますということを証明しようと。僕らだけではなく、キャスト・スタッフ全員がすごく考えて、それを信じて作ったものが賞をいただけて本当にありがたいです。
山田孝之さん、菅田将暉さんのお二人は、きちんと台本を読み込んで役を生きてくれたので、圭司(山田)と祐太郎(菅田)の解釈には何も言うことはありませんでした。麻生久美子さんを含めた3人が非常にナチュラルなお芝居をされていて、そのトーンで世界観が成り立っているので、毎回のゲストが彼らと同じ世界にいる人に見えるよう調整する、というのが一番大きい仕事だった気がします。(常廣丈太)

取材・文=Rum

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱8月23日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報