ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞

  • 悲劇の女性を力強く演じた戸田恵梨香が絶賛され1位
    (C)TBS

    悲劇の女性を力強く演じた戸田恵梨香が絶賛され1位

    TV記者票と審査員票で1位になった戸田恵梨香が受賞。「恋する女性の喜びと後半のギャップが見事」「病気の進行を表現する演技に、胸が締め付けられた」と絶賛された。禁断の恋に挑戦した有村架純は2位。「戸惑いの表情や涙の演技が真に迫っていた」と好評。3位に「獣になれない私たち」の新垣結衣。「仕事に追い込まれた女の病みっぷりがリアル」と共感を集めた。4位は「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)の米倉涼子。5位には「ブラックスキャンダル」(日本テレビ系)の山口紗弥加が入った。
    【役柄への評価】
    産婦人科医の北澤尚役。懸命に仕事をしていたが、若年性アルツハイマーに侵され、生活は一変。活発で天真爛漫な尚から、記憶を失っていき、別人のようになるまでを丁寧に演じ分けた。特に、若年性アルツハイマーが発症してからの尚は、そのリアリティーある演技に絶賛の声が集まった。

    受賞者インタビュー

    ムロさんがいるから大丈夫と言い聞かせていました

    第99回 ドラマアカデミー賞 主演女優賞 受賞インタビュー
    (C)TBS
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    「大恋愛―」に関わった、全てのスタッフ、キャストの皆さん、そして、私たちのこの奇跡を最後までご覧くださり、愛してくださった皆さまに感謝いたしております。本当にありがとうございます。脚本の大石(静)さんとは「何かご一緒したいですね」と以前から話しておりました。その夢がようやくかなったのが今作なのですが、(撮影が)始まる前にお食事にお誘いいただき、たくさんお話させてもらい、私らしさとムロ(ツヨシ)さんらしさを脚本に乗せてくださいました。大石さんのその洞察力の高さに驚かされた3カ月半でした。
  • 教え子と恋に落ちる難役を繊細に表現!

    片田舎の中学校教師・末永聖役。教え子の中学生・晶(岡田健史)からのアプローチに戸惑いながらも、少しずつ引かれていく様子や、教師として、教え子たちと真摯に向き合っていく姿を繊細に演じた。

  • 3

    これまでにない役どころが話題に!

    IT企業の営業アシスタント・深海晶役。会社では膨大な業務に追われ、私生活では恋人にも本音を言えず神経を擦り減らす、これまでの新垣とは懸け離れた役柄に注目が。働く女性の共感も集めた。

第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報