ザテレビジョン シネマ部

観たい映画がきっと見つかる映画ニュース・コラムまとめ「ザテレビジョン シネマ部」がスタート!  スピードワゴン小沢一敬、山崎ナオコ―ラらの映画コラム連載や、 おすすめの映画の見どころ解説記事を随時更新! 


『オースティン・パワーズ:デラックス』

『オースティン・パワーズ:デラックス』

Point

「暗いニュースばかりで気がめいっちゃう」などコロナ禍の悩みを解決できる映画をオススメ!<ザテレビジョンシネマ部>

新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活は大きく変化することに。それに伴ってさまざまざまな悩みごとも発生しています。そこ...


『東京喰種 トーキョーグール【S】』

『東京喰種 トーキョーグール【S】』

Point

“ダークヒーロー”窪田正孝、“生身の演技”と“落差”で見る者を魅了する<ザテレビジョンシネマ部>

「憑依型俳優」という呼び名がある。役が乗り移ったようなレベルで演技ができ、作品ごとにまるで別人になる――そんな役者たちを...


『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

Point

“おじさん”シンクロ集団の“ちょっとした努力”を応援したくなる『シンク・オア・スイム―』<山崎ナオコーラ映画連載>

山崎ナオコーラが映画をテーマに等身大でつづるエッセイ。第15回は、悩める中年男性たちが人生の再起を懸けて悪戦苦闘するさま...


『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』

Point

『マンマ・ミーア!』シリーズでABBAの名曲を堪能!鳥肌モノの「悲しきフェルナンド」ほか『続編』を完全解説<ザテレビジョンシネマ部>

1970年代に黄金時代を築いたスウェーデンのポップ・グループ、ABBAの楽曲で構成されたミュージカル舞台を映画化した『マ...


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

Point

名優レオナルド・ディカプリオの“今”…“過去からの脱却”と“進化”を掘り下げる<ザテレビジョンシネマ部>

映画アドバイザー・ミヤザキタケルがおすすめの映画を1本厳選して紹介すると同時に、併せて観るとさらに楽しめる「もう1本」を...


『きみと、波にのれたら』

『きみと、波にのれたら』

Point

日本アニメが愛される理由とは?クリエイターで観る日本の良質アニメ3選<ザテレビジョンシネマ部>

日本が世界に誇る「強み」の一つは、アニメだ。…なんてのは、今さら声を大にして言うことではないかもしれない。ディズニーやピ...


『パリ、嘘つきな恋』

『パリ、嘘つきな恋』

Point

“恋愛映画が好きじゃない”というスピードワゴン小沢一敬が語る『パリ、嘘つきな恋』<ザテレビジョンシネマ部>

映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんならではの「僕が思う、最高にシビれるこの映画の名セリフ」をお届け。第16回は、ゲ...


『時をかける少女(1983)』

『時をかける少女(1983)』

Point

映画監督・大林宣彦は永遠に…戦争体験から生まれた「夢」と「死」の世界観<ザテレビジョンシネマ部>

大林宣彦監督が2020年4月10 日、82年の生涯を閉じた。くしくもその日は、映画の世界遺産とでも呼ぶべき圧巻の最新作『...


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

Point

オスカー初受賞、不滅の俳優ブラッド・ピットの“肉体美”と生きざま<ザテレビジョンシネマ部>

かつて、メディアから“セックス・シンボル”とか、“世界一美しい男”とか言われて持てはやされていたブラッド・ピット。しかし...


『日日是好日』

『日日是好日』

Point

樹木希林が教えてくれる、美しい作法と幸せな生き方『日日是好日』<ザテレビジョンシネマ部>

映画の成功にはいくつかの条件があって、例えば“キャスティングの妙”もそのひとつ。で、「原作付きの実写映画化」だと一段と、...