見る!録る!残す!新生活は三菱オールインワンテレビ
「REAL」が1台あればOK!

入学に入社、引っ越し…新生活の準備に追われるこの時期。テレビ周りの環境を整えるだけでも、テレビ本体に、DVDプレーヤーに、ハードディスクに…と選ぶのにも設置にも手間がかかるもの。だけど、三菱の“録画テレビ”「REAL」シリーズならそんな手間もなし! 簡単さと便利さを追求した「REAL」と共に、スマートな新生活をスタートさせよう!

(C)Mitsubishi Electric Corporation

NEWS

  • 家電製品アドバイザー奈津子が語る、 三菱録画テレビREALの魅力とは

    家電製品アドバイザー奈津子が語る、 三菱録画テレビREALの魅力とはPR

    春からはじまる新しい生活に備えて、どんな家電を買おうか悩んでいる人も多いはず。今回は“家電アドバイザー”の資格を持つタレント・奈津子に、新生活をはじめるにあたって押さえておきたい家電製品選びのポイントや、本人も家で使っているという、ブルーレイレコーダー・ハードディスク一体型テレビ「三菱録画テレビREAL」の魅力について、たっぷりと語ってもらった。■ 新生活の家電選びはココがポイント――まずはじめに家電選びで悩んでいる方へアドバイスをいただけますか?一人暮らしがはじめてとか、家電選びが不安だという人は、大手家電量販店だとプロが一緒に回って選んでくれるようなサービスもあるので、そこで買いたいものを相談してみるといいですね。家や部屋の間取りを持っていって、それを見せながら質問をすれば間違いがないと思います。――自分で家電を選びたい!という人もいると思いますが、その際に押さえておくべきポイントは何でしょうか?自分で選びたいという人は、実際に使っている人の意見を元にして検討してみるのがいいと思います。家電は買ってみないと使うことができないので、レビューやクチコミに書かれているリアルな声を参考に、比較検討することが重要だと思います。――ここだけは絶対に忘れてはいけないというポイントはありますか?欲しい家電の寸法と、置きたい場所の寸法がマッチしているのかを確認しておくことですね。高さ・幅・奥行はチェックした方がいいと思います。意外と「寸法を測る」という基本的なことを忘れていたりするので、そこは見ておいた方がよいでしょう。あと冷蔵庫などの扉を開けたりする家電は、扉を開けたときの寸法も見ておく必要があります。扉を開けたらギリギリ人が通れるスペースしか残っていなかったり、半分しか開けられないようなことになったら大変ですから。■ 実は三菱録画テレビREALユーザーだった奈津子さん――部屋や間取りによっては、見やすいところにテレビを置けなくて困る人もいるかもしれませんよね。そこでさっそく三菱録画テレビREALの話をさせていただきたいのですが(笑)、実は私が使っているテレビも三菱録画テレビREALなんです。例えば普通のテレビだと、置き場所によっては窓から入ってきた光で画面がまぶしくなってしまったりとか、キッチンとリビングで見やすい角度が違ったり、ということがあると思うんです。でも三菱録画テレビREALは「オートターン」という機能で、リモコン操作で画面の向きを変えることができるので、光も反射しないし、キッチンにいても見やすいですね。――今日は家電アドバイザーとしてお話をお伺いしようと思っていたのですが、まさか実際にお使いだとは思っていませんでした!三菱録画テレビREALを買ったキッカケは、操作性の良さに注目したからです。私はいつもタレントとして、日々さまざまなテレビ番組をみて勉強したいと思っているので、バラエティやドラマといったテレビ番組を頻繁に見るんです。だから、簡単にリモコンのボタン1つで録画できるというのが、後から見返す派の私としては、すごく好都合なんです。家には他のテレビもあるんですが、三菱録画テレビREALは一番操作が簡単ですね。―――三菱録画テレビREALのどんなところがお気に入りですか?一体型で配線が少ないので、家電にあまり詳しくない人でも導入しやすいのは、メリットの1つだと思います。外付けのハードディスクを付けたりするのも、忙しいときは大変だったりするので、その点も一体型なのは良いですね。テレビと周辺機器との相性を考える必要がなかったのもストレスフリーでしたし、チューナーなどを別に買い揃えるより安くなる可能性もあるので、その意味ではお得かなと思います。また私自身ハウスダストに弱い方なんですが、配線がスッキリしていてテレビの周りもお掃除しやすいので、ホコリを避けやすいのがいいなって思っています。――まさに実際に使っているから分かるメリットですね!あと昨年三菱録画テレビREALを作っている京都製作所へ取材に行かせていただいたのですが、そこで実際に温度試験や振動試験、落下試験といった耐久試験をやっているところを見せていただいたんです。だから丈夫で頑丈だし、使う人のことを考えて作られているのもよく分かります。三菱のテレビは振動に強くて、とても倒れにくくなっているので、防災を意識している方や、小さいお子さんがいるご家庭、ペットを飼っている方でも安心して使えると思います。――取材まで行かれていたとは! それでは三菱録画テレビREALにあるオススメの機能を教えていただけますか?これはRA1000シリーズのみの機能ですが、Bluetooth対応スピーカーと接続できるのがとても良いと思います。深夜にパートナーや家族を起こしたくないけど、ひっそりとテレビを観たいというときとか、小さい子どもを寝かしつけているときも、スピーカーが手元にあればテレビ自体の音量を大きくしなくて済みます。いろいろな使い方ができると思うので、これが私のイチオシ機能です。――テレビとスピーカーが別々だと、使い方が広がりますね。あと取材したときに印象に残った機能が「Quick Go」です。今観ている番組や録画した番組を見ながら、裏番組や録画番組を表示してくれる機能なんですが、番組がつまらなかったら、すぐに番組を変えることができるというのは、いい意味でタレント泣かせな機能ですよね(笑)。視聴者にとっては便利ですが、タレントにとっては気が引き締められるような思いになりました。■ 4K放送時代こそテレビ“+α”が重要に――奈津子さんは4Kのテレビ番組にもご出演されることがあると思うのですが、4K放送についてはどのようにお考えですか?三菱録画テレビREALのRA1000シリーズに4Kチューナーが内蔵されているのは魅力的だと思います。4K放送を観るためにはチューナーが必要なことを知らない人も多いですから。よく友達からも「4Kってどうなの?」と聞かれるんですが、タレントの立場からすると、テレビが4Kになることによって、作り手の思いがより伝わりやすくなると思っています。情緒や収録現場の雰囲気が視聴者に繊細に伝わるということは、思いを届ける側としても嬉しいことですね。その一方で、4Kはとにかく画質が精密なので、お肌の質感は気になりますね。視聴者の観点からすると、好きなタレントのことをよりクッキリと観られるというのは嬉しいと思うのですが、あまり意地悪な目線で見られると辛いです(笑)――4K放送だとテレビの画質の良さを追い求めたいという方もいるかもしれませんね。もしこれから4Kで観るのが普通になったとしたら、テレビの画質も各社足並みがそろっていく部分があるのではと思います。だから、これからテレビの画質が平均化していくことを考えると、やっぱり“見やすい”とか“使いやすい”という特長が付随している方がお得かな、と思うんです。――テレビにも“+α”の部分が重要になってくるということですね。取材で三菱電機のご担当者さんにお話を伺ったとき、テレビがどういう環境で観られているのか、とても細かくアンケートを取って調べていることが分かったんです。その結果が三菱録画テレビREALに反映されているというのは、とても親切にユーザーのことを考えている証拠だと思います。実際に使っている身として、三菱録画テレビREALは本当に生活に密着していて使い勝手の良い、まるで“白物家電のようなテレビ”だと感じています。■ 奈津子プロフィール1989年8月18日生まれ、千葉県出身。SDN48元メンバー。在籍中AKB劇場近くの電気街に通ったことをキッカケに家電の魅力にハマる。同グループ卒業後は「家電製品アドバイザー・エグゼクティブ等級」を取得。現在は女優・タレント業と並行して家電にまつわるメディアに多数出演。「開運!なんでも鑑定団」にレギュラー出演中。

  • 広瀬すずがアニメーターに!窪田正孝が放射線技師に!!春の新生活を彩るドラマ10選!

    広瀬すずがアニメーターに!窪田正孝が放射線技師に!!春の新生活を彩るドラマ10選!

    春からはじまる新生活、新しい人生の門出に胸躍らせている人も多いはず。今回はそんなアナタにオススメしたい春の新ドラマを、ザテレビジョンがピックアップ! 新しい環境に慣れないアナタの心に寄り添ってくれる作品もあれば、じっくりと考えさせてくれるドラマまで、どの作品も新生活の第一歩を後押ししてくれるだろう。リアルタイムでの視聴はもちろん、録画&DVD/BDに残して何度も見るべし!!■ 北海道の大自然で爽やかな朝を!「なつぞら」「新ドラマと共に新年度の4月1日をスタートしたい!」というアナタには、4月1日よりスタートする“朝ドラ”「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、いかがだろうか?記念すべきNHK連続テレビ小説の100作目となる同作は、脚本家・大森寿美男のオリジナル作品。注目のメインヒロインを演じるのは広瀬すず。戦争によって両親を失った奥原なつ(広瀬)が引き取られたのは、北海道・十勝の酪農一家。雄大な自然の中で育まれたみずみずしい感性を武器に、当時「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に飛び込み、アニメーターとなる。なつの兄・奥原咲太郎を演じる岡田将生をはじめ、なつが引き取られた先の柴田牧場の母・柴田富士子役の松嶋菜々子、同・柴田牧場のガンコじいさん泰樹役の草刈正雄らの演技も見どころ。春の新生活の朝は、北海道の大自然、そしてヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマで爽やかな気分に!■ 中条あやみ&水川あさみに“笑顔”と“勇気”をもらう!!「白衣の戦士!」痛快ナースコメディ「白衣の戦士!」(毎週水曜夜10:00、日本テレビ系)は、さまざまな環境が一変する新生活を乗り切るために必要な、“笑顔”と“勇気”を提供してくれるドラマだ。中条あやみ演じる明るく破天荒な元ヤンキー・立花はるかは、元気で明るく情に厚い、失敗してもくじけない新米ナース。一方の水川あさみ演じる34歳婚活中のがけっぷちナース・三原夏美は、患者さんからの評判も良いベテランナース。そんな2人が病院という命の現場で、仕事に恋に大奮闘する姿を描いている。中条はキャスティング発表時に「私の演じる新米ナースの立花はるかは、どんなに失敗しても立ち上がって諦めずに向かっていく役。同世代の視聴者の方には就活中だったり新社会人としてこれから、という方も多いと思うので、頑張るはるかの姿を見て勇気が湧くようなドラマになればいいなと思います」とコメント。新生活の活力を、中条&水川コンビから受け取ろう!■ 新しい職場の人間関係が…!「ラジエーションハウス」春から新社会人になったり、新しい職場に変わったりする人も多くいるだろうが、「ラジエーションハウス」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の主人公もそのひとり。レントゲンやCTを駆使し、患者の体に潜む隠れた病魔を見つけ出す放射線技師や放射線科医。放射線科で日々命と向き合う“縁の下のヒーロー”たちの奮闘を描く漫画「ラジエーションハウス」が“月9”のドラマに登場だ。“平成最後の月9”作品となる本作は、窪田正孝が主演を、本田翼がヒロインを務める。窪田は同枠ドラマの初主演。本田は8年連続で地上波ゴールデン・プライム帯のドラマ出演となる。窪田が演じるのは、写真には必ず真実が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織。アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた後に帰国し、ヒロインの甘春杏(本田)が勤務する甘春総合病院で働き始めることに。本田は放射線科医・杏役。甘春総合病院の前院長の娘で、放射線技師が写した検査画像を元に病気を診断する放射線科医として、父の愛した病院を守りたいと思っている。技師と医師、それぞれの立場の違いから反発しあうも、患者の命を救うために力を合わせていく彼らの関係性と、リアルに描かれる現代の医療現場が見どころ。一筋縄ではいかない人間関係の複雑さなど、アナタ自身の新生活と重ねて視聴できる部分があるのでは。■ 引っ越し先で“交換殺人”に…「あなたの番です」秋元康が企画・原案を務めるサスペンスドラマ「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系※初回放送時間未定)は、この春に引っ越しをする人にピッタリだろう。15歳の年の差を越えて結婚した夫婦が、引っ越し先のマンションで住民たちの“交換殺人ゲーム”に巻き込まれていくというストーリー。「このドラマを見始めてから、引っ越し先の住人たちの様子が気になって…」なんて事態に陥ってしまうかも。スポーツウェアなどのデザインを手掛けるデザイナーで、優しくてしっかり者の姉さん女房を原田知世、天真らんまんで癒し系の年下夫には田中圭がキャスティング。2クールに渡る緊迫のドラマは、1話たりとも見逃せない!■ “ほっこり”したいアナタに♪「きのう何食べた?」4月からルームメイトやパートナーと一緒に住む予定のアナタに見てもらいたいのが、『モーニング』にて連載中のよしながふみの漫画をドラマ化した「ドラマ24『きのう何食べた?』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)だ。西島秀俊と内野聖陽の実力派俳優がダブル主演。料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗(西島)と、その恋人の美容師・矢吹賢二(内野)。2LDKのアパートで同居する2人の日常が「食生活」を軸に描かれる。2人のあたたかな世界と、おいしそうな手料理は、アナタの新生活をほっこりとさせてくれるはず。■ “仕事”の意味を考える「わたし、定時で帰ります。」「わたし、定時で帰ります。」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)は、社会人1年目で不安がいっぱい…という人の心強い味方になってくれるかもしれない。「残業問題」を切り口に、社会人の持つべき“ライフワーク・バランス”について描く作品だ。吉高由里子演じる主人公・東山結衣のモットーは「残業ゼロ、定時で帰る」こと。そんな新世代のワーキングガールである主人公が、ブラック上司や様々な同僚との間で奮闘する姿を通じて「何のために働くのか?」「自分を大切にすること」「仲間を大切にすること」といったメッセージを伝えていく。ワーカホリックで主人公の元婚約者・種田晃太郎役は向井理、双子を出産するも早々に職場復帰するスーパーワーキングマザー・賤ヶ岳八重を内田有紀、ブラック上司・福永清次を演じるのはユースケ・サンタマリアだ。主人公の周りの人々の“働き方”も参考に、自分の仕事について考えてみよう。■ “生きる意味”を模索する「ミストレス~女たちの秘密~」「この春、自分だけの新しい人生を探してみたい!」と思っているアナタには、「ミストレス~女たちの秘密~」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合、全10回)が参考になるかも。英国BBC制作の大ヒットドラマ「The Mistresses」を日本でリメイク。キャストには長谷川京子や水野美紀、玄理、大政絢らが名を連ね、現代日本に生きる4人の個性的な女性を演じている。長谷川演じる香織は、不倫関係にあった恋人・木戸の自殺が心に影を落としている医師。香織は、木戸の息子・貴志から木戸の自殺への関与を疑われるも、2人は次第に激しくひかれ合っていく。他の3人もそれぞれの事情を抱えており、職業や性格が全く違う4人の女性たちが、生きづらさや焦燥感と対峙しながら“生きる意味”“幸せの定義”を模索するという物語。この作品が、アナタの人生に新しい風を吹き込んでくれるかも。■ 新生活のストレスに!「集団左遷!!」慣れない新生活でストレス必至なアナタには、福山雅治主演の「集団左遷!!」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)。銀行が舞台の“下克上エンターテインメント”だ。50歳目前に支店長への昇進人事を受けた銀行員・片岡(福山)。これまで理不尽なこともグッとこらえて、真面目に“the サラリーマン”を演じてきたことが報われたと思いきや、そこは廃店が決定している蒲田支店だった…。つかみどころのない副支店長を演じるのは、福山雅治と実に9年ぶりの共演となる香川照之。片岡の部下である“ダメ社員集団”を務める神木隆之介や中村アン、井之脇海といったキャストたちが、三上博史演じる常務・横山輝生にどのように立ち向かっていくのか。左遷された銀行員たちが協力して大逆転に挑む痛快作品を見て、ストレスを吹き飛ばそう!■ 春の出会いに期待!「パーフェクトワールド」「最近、恋愛から離れてるな~」という方にオススメなのが、「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。有賀リエ原作の同名漫画のドラマ化だ。事故で車いすの生活となってしまった主人公・鮎川樹が、高校時代の同級生・川奈つぐみと再会し、お互いに心通わせていく“純粋なラブストーリー”に、主人公役の松坂桃李とヒロイン役の山本美月の2人が挑戦している。樹の背負うハンディキャップや親の反対、恋のライバルといった数々の困難を、彼らはどう乗り越えていくのか?ラブストーリーの醍醐味をしっかりと味わえる作品だ。このドラマを見れば恋愛がしたくなり、新たな異性との出会いに敏感になるはず!■ “夢”って素晴らしい!!「神ちゅーんず~鳴らせ!DTM女子~」“夢”を追いかけるアナタには、人気アイドルグループ・私立恵比寿中学の6人が主演を務める「神ちゅーんず~鳴らせ!DTM女子~」(ABCテレビ:毎週日曜夜11:35-0:05※4月7日 [日]スタート、テレビ朝日:毎週土曜夜2:30-3:00※4月6日[土]スタート※ほか地域でも放送予定)をオススメしたい。「DTM」とはパソコンで作る「デスクトップミュージック」のこと。私立恵比寿中学のメンバーたちが楽器の弾けない女子高校生を演じ、DTMで“神曲”を作るために一致団結して取り組む姿がフレッシュなエネルギーたっぷりに描かれる。主題歌はゲスの極み乙女。・川谷絵音の作詞・作曲による私立恵比寿中学の新曲「トレンディガール」。同じく“川谷×私立恵比寿中学”による劇中歌「あなたのダンスで騒がしい」を制作するなど、作中の全ての音楽プロデュースを川谷が務めることが分かった。さらに、川谷は本人役でドラマ本編にも出演する。「楽器が演奏できなくたって、“神曲”は作れる!!」「奇跡は起こるものじゃない!起こすものだ!」楽器が弾けない女子高校生たちが、夢と希望と創作意欲とパソコンで「最高の音楽」を作り上げ、SNSを通じて世界に発信していく様を描く同作からパワーをもらおう!!■ 春の新生活をお気に入りドラマとともに!以上、この春放送予定の新ドラマの中から、新生活を迎えるアナタにオススメの作品を10本取り上げてみた。「見たい!」と直感的に思った作品はもちろんリアルタイムで。また、今はそれほどピンとこなかったドラマも、とりあえずすべて録画しておけば、生活と心境の変化で見たくなったときにも安心!!

  • 新生活こそ「録画テレビREAL」がオススメなワケ BEST5

    新生活こそ「録画テレビREAL」がオススメなワケ BEST5PR

    春は新生活スタートの季節。新しい環境や新しい人との出会いが多くなる、そんなシーズンだからこそ、選びたいテレビが三菱電機の録画テレビ「REAL BHRシリーズ」。たくさんのテレビの中からこの「REAL」をオススメするワケはなにか? 家電“通”ライターが考えるその理由を、ランキング形式で紹介していこう。■ BEST5 どこに置いてもテレビが見やすい!新居へ引っ越したとき、悩みの種になりがちなのが家具の配置。「こっちに向いていればテレビの画面が良く見えるのに……」と思ってしまう人も多くいるはず。そんな悩みも「REAL」のオートターン機能で解決だ。オートターン機能は、テレビ画面を左右に振ることができる便利な機能。テレビに合わせてくつろぐ場所を選ぶのではなく、自分が見やすい場所にテレビの方から向いてくれる。操作もリモコンでできるので、とても簡単だ。■ BEST4 スペースを有効活用できる!新生活がスタートして、一人暮らしなど新しい住空間になった人たちも少なくないだろう。「大画面の液晶テレビが欲しいけど、スペースがなくって……」という人も多いはず。そんなときは「REAL」の出番だ。テレビにブルーレイレコーダーや外付けハードディスクを付けようとすると、どうしてもそれぞれの配線でコード類が増えてしまう。しかし「REAL」なら、コードは基本的に電源コードとアンテナ線のみ。一度抜いた配線ケーブルをどこに挿し戻したらいいのか分からなくなってしまう心配もない。さらに「REAL」はブルーレイレコーダーを置くスペースが必要ないから、部屋のレイアウトをより楽しめる。高い耐震性も兼ね備えた構造なので、どこに置いても安心だ。■ BEST3 録画機能が充実!新生活は何かと慌ただしいもの。歓迎会や送迎会など、いろいろなイベントに追われて「見たかったあの番組を録画するのを忘れていた!」なんてことも。でも、豊富な録画機能を持ち、簡単に録画予約ができる「REAL BHRシリーズ」なら、そんな心配も無用だ。お気に入りの俳優やジャンルを登録しておくと、自動で録画してくれる「おこのみ自動録画」機能の他、うっかり録画予約を忘れた場合でも、スマートフォンの専用アプリを使うことで、外出先から予約可能(※)なのだ。録画機能が充実している「REAL」なら、春の新番組を見逃すことなく、思う存分に楽しむことができるだろう。※110度CSのスカパー!放送は外から予約の対象外です。もし録りたい番組が重なってしまっても大丈夫。「REAL BHRシリーズ」ならテレビを観ながらでも、2番組を同時に録画可能。さらにLANケーブルでネットワーク録画対応のセットトップボックスと接続すれば、ケーブルテレビの番組も直接ハードディスクに録画できる。このネットワーク録画を含めると、なんと3番組まで同時に録画できてしまうのだ。■ BEST2 1台のリモコンで操作ラクラク! テレビにブルーレイプレイヤーやハードディスクレコーダーを付けるとなると、何台ものリモコンが必要になってしまう。ただでさえ新生活のはじめは部屋が散らかりがちなのに、さらにリモコンが増えるのは避けたいところ。「テレビのリモコンはあるけど、ブルーレイプレイヤーのリモコンが見当たらない!」というシチュエーションに身に覚えのある人はいないだろうか? ところが「REAL BHRシリーズ」なら、そんな心配はいらない。チャンネルの切り替えもテレビの録画・視聴も、リモコン1つですべてできてしまう。録画したい番組があったら、リモコンの予約番組表ボタンを押して、番組表から番組を選んで決定するだけで予約が完了。さらに録画した番組の視聴や、残しておきたい番組のダビングも、画面からそれぞれ簡単なボタン操作でできる。操作ボタンも大きく文字も見やすいので、買った直後でも直観的に操作しやすいのは嬉しいところだ。■ BEST1 「見る」「録る」「残す」が1台でできる!「REAL」の最大の特長は何といっても、高画質の液晶テレビにブルーレイレコーダーと大容量のハードディスクが内蔵されているところ。「録画もしたいし、ブルーレイも見たい!」そんなニーズに1台で応えてくれるのが「REAL」なのだ。 さらに「REAL」の側面にはSDカードスロットが付いているので、デジカメで撮った写真をテレビで観ることも可能だ。ビデオカメラで撮影した動画(※)をハードディスクに保存すれば、再生やブルーレイディスクに書き出すことだってできる。思い出の写真を皆で楽しむだけでなく、ブルーレイディスクにダビングして、家族や友人にプレゼントすることも、「REAL」が1台あればできてしまうのだ。※AVCHD形式(Ver.2.0除く)の動画■ 新生活スタートのベストセレクションアイテム「REAL」以上、BEST5に分けて、ブルーレイレコーダー、大容量ハードディスクが1台に内蔵された録画テレビ「REAL」がオススメな理由を取り上げてみたが、いかがだったろうか。特に新生活のスタートに、「REAL」がベストセレクションかがお分かりいただけたと思う。必要な機能がすべて1台に揃っている「REAL」なら、買ったその日から思う存分テレビを楽しめるだろう。

  • 手軽さ、コスト、パフォーマンス、使いやすさ… 「録画テレビREAL」と「通常のテレビ」を比べてみた

    手軽さ、コスト、パフォーマンス、使いやすさ… 「録画テレビREAL」と「通常のテレビ」を比べてみたPR

    三菱電機のブルーレイ・ハードディスク内蔵液晶テレビ「REAL」。2018年12月から開始された新4K衛星放送が受信できる「REAL 4K」も登場して、ますますさまざまなコンテンツが楽しめるようになってきた。しかしながら、「REAL」と「通常のテレビ」との違いは何なのか。新生活のスタート時期だからこそのポイントを踏まえつつ、「REAL」と「通常のテレビ」を手軽さ、コストパフォーマンス、使いやすさ、スペースにおいて比べてみた。 ■ 「手軽さ」で比べてみた「見る」「録る」「残す」の3つの機能が、1台に集約されているのが「REAL」の最大の特長。1台あればテレビの視聴も録画も、ダビングさえもできてしまう。しかし、「通常のテレビ」ではそうはいかない。通常の液晶テレビでは、録画をするのにもブルーレイを見るのにも、外付けハードディスクやブルーレイプレイヤーが必要になる。さらに、そうした機器を揃えた後も、それぞれの機器をつなぐ配線をしなければならないのだ。外付けハードディスクやブルーレイプレイヤーを買い揃えたり、1から配線をしたりしなくてはいけない手間を考えると、アンテナケーブルと電源ケーブルをつなぐだけでセットアップが完了する「REAL」は、まさに“お手軽”といえる。また、「REAL」の利点はもう1つある。配線が2本だけなので、驚くほどテレビ周りがスッキリとするのだ。「通常のテレビ」では、ブルーレイレコーダーとハードディスクをテレビにつながなくてはいけないため、テレビの背面はどうしてもケーブル類でごちゃごちゃになってしまう。「テレビの背面の配線は、どれがどれにつながっているのか分からない!」という人も多いはずだ。さらに背面の空間がスッキリすると、配線部分に溜まってしまうほこり類の掃除もとても楽になる。テレビ周りのほこり類は、コンセント部分の発熱から火事やボヤの遠因にもなりやすい。そういった意味でも、配線部分の掃除が楽になるのは嬉しいところ。「REAL」は掃除の手間も減らしてくれるといえるだろう。「手間なく新生活をはじめたい!」という人にとって、「REAL」はまさに救世主といってもよいアイテムなのだ。■ 「コストパフォーマンス」で比べてみた「REAL 4K」には、Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイレコーダーとハードディスクが内蔵されているが、「通常のテレビ」で録画やブルーレイを楽しむためには、それらを別に買わなくてはいけない。また話題の4K放送を視聴したいなら、さらに4Kチューナーを買う必要がある。では、別々に買う場合と比べて、「REAL」はどのくらいお得なのか。ここではブルーレイレコーダー・ハードディスク・4Kチューナー内蔵の「REAL 4K」と「通常のテレビ」を、コストパフォーマンスの面から比べてみよう。上位モデル「REAL 4K」には2TBもの大容量ハードディスクが内蔵されている。新4K衛星放送ならば最大約126時間、ハイビジョン放送ならなんと最大約2160時間も録画可能だ。録画した番組はブルーレイやDVDにダビングすることもできる。(※1)では、実際にどれくらいの金額になるのか、大手電機量販店での実勢価格を参考にして見てみよう。「REAL 4K(40インチ)」の価格は、およそ20万円程度だ。ところが同じ画面サイズ・容量・機能を持つテレビ・Ultra HD ブルーレイ再生対応ブルーレイレコーダー・ハードディスク・4Kチューナーをすべて買い揃えるとなると、「REAL 4K(40インチ)」の価格を超えてしまうことも。新生活がはじまり、お財布の中身が厳しい人たちにとって、「REAL 4K」はコストパフォーマンスに優れたありがたい存在なのだ。(※1)新4K衛星放送をダビングする時はハイビジョン画質に変更する必要があります■ 「スペース」で比べてみた「REAL」は、本体に録画や書き出しに必要な周辺機器が内蔵されているので、配線がスッキリしている。スペースをとらないうえに、リモコンで画面の向きを変えることができるオートターン機能も搭載されているので、見る場所を選ばないのも魅力の1つだ。オートターン機能のおかげで、一度置く位置を決めたら、そこから動かす必要のない「REAL」だが、ブルーレイレコーダーが内蔵されている分、一般的な薄型テレビよりも厚みがある。とはいえ、テレビ台には問題なく置けるので、この点については「通常のテレビ」と差はないといえるだろう。 むしろここで注目したいのは、「REAL」はテレビの置き場所を確保するだけでOKという点だ。「通常のテレビ」のように、何かと置き場所に困るブルーレイレコーダーやハードディスクの置き場所を考える必要もない。テレビ台の空いたスペースも有効に活用できるので、家具のレイアウトも選択肢が増えるはずだ。何かとモノが増えてしまいがちな新生活にはありがたいテレビといえるだろう。■ 「使いやすさ」で比べてみたいくら「手軽さ」や「コストパフォーマンス」、「スペース」の点で優れている「REAL」でも、使いにくくては、その魅力も半減してしまうだろう。では、多くの機能を搭載した「REAL」は、どのくらい使いやすいのか? 「通常のテレビ」の場合と比べてみよう。「REAL」のリモコンはたった1つ。そう、「見る」「録る」「残す」という3つの機能が、すべて1つのリモコンで行えるのだ。チャンネル操作はもちろん、番組表からの録画予約や録った番組の視聴、残しておきたい番組のダビングさえも、簡単なボタン操作だけで完了。「新生活がはじまってから、いろいろなことを覚えるのが大変!」という人でも、すぐに操作を覚えられるだろう。一方「通常のテレビ」では、周辺機器も含めると何台ものリモコンが必要になってしまう。また、操作方法もいちいち1つ1つ覚えなくてはならず、とても面倒だ。どうやら「使いやすさ」も「REAL」に軍配があがりそうだ。■ 比べると見えてくる、選ぶべきテレビの特長手軽さ、コストパフォーマンス、使いやすさ、スペースという4つの観点から「REAL」と「通常のテレビ」を比べてみた。高精細液晶テレビにブルーレイレコーダーと大容量ハードディスクがオールインされた三菱電機の「REAL」。”全部のせ”ともいえる、このテレビは、買ってすぐに使える気軽さから、経済性、操作性の高さなど、優れている点が多いことがわかった。新生活のスタートにももってこいの1台といえそうだ。

  • “録画できるテレビ”「REAL 4K」はココがすごい!SNSの評判・クチコミから検証!!

    “録画できるテレビ”「REAL 4K」はココがすごい!SNSの評判・クチコミから検証!!PR

    基本性能の高さとシンプルな操作性から幅広いユーザーに支持されている三菱電機の液晶テレビ「REAL」。特に人気なのが、ブルーレイレコーダー・ハードディスクが内蔵された録画機能搭載モデルだ。新たにリリースされた「REAL 4K」では、新4K衛星放送チューナーを内蔵したほか、スピーカーが強化されるなど、その使い勝手にさらに磨きがかかった。しかし、こうした多彩な機能が実際の生活でどのように役立つのかは、機能の説明を読むだけではなかなかイメージがつかないもの。そこでここでは、「REAL 4K」が具体的にどのような点で評価されているのか、Twitterを始めとするSNSや各オンラインストアのクチコミなど“リアル”な声から、人気の秘密を探ってみよう。※SNS・クチコミの引用は一部省略している箇所があります。■ オールインワンはREALだけ!まずは「REAL 4K」のいちばんの売りでもある、ブルーレイレコーダーとハードディスクを内蔵する点がどのように評価されているのか見てみよう。<4Kチューナー内蔵かつUltra HDブルーレイ再生対応のBDレコーダーを搭載したオールインワンなので、面倒くさがりの自分には最高の4Kテレビ><今後各社から4Kチューナー内蔵のテレビが出てくると思いますが、地デジ、4K放送、ブルーレイ、録画番組、を気楽に楽しみたい方にはベストな1台だと思いますよ><両親用のテレビに購入しました。4Kチューナー内蔵・ブルーレイ内蔵は三菱しかない>REAL 4Kユーザーの多くが評価していた点がココ。ブルーレイレコーダーとハードディスクを内蔵し、さらには4K放送までこの一台で見ることができてしまう。こうした多彩な機能を搭載するテレビは、実は「REAL 4K」しかない。■ 一体型だから設置が簡単!配線もシンプル!REAL 4Kは購入後の設置のしやすさ、配線の簡単さも高く評価されている。<テレビだけ購入すれば本体に録画機能、DVD再生機能がついており、配線もごちゃごちゃせずスッキリするので、気に入っています!><私のテレビはレコーダー一体型の三菱REAL 4K。配線が少なくてすむので気に入っている><複数のゲーム機などを他につないでいると、テレビの裏側の配線がそれだけでカオス状態だが、レコーダーが内蔵されているというだけで思った以上にスッキリ><実家の両親のために購入しました。接続は父と母がおこなったのですが、簡単だったと言っています>一体型であるということは、レコーダーもブルーレイプレイヤーもテレビも、REAL 4K一台で済むということ。自宅に設置するときも、電源ケーブルとアンテナケーブルの2本をつなぐだけで済み、設置スペースにも余裕ができる。これなら、引っ越しや家のレイアウト変更が必要になった場合でも、再設置の手間があまりかからないので安心だ。4Kチューナー、レコーダーが別々だと、テレビ台の背面は下の写真のように雑多になりがち。まったく同じ機能をREAL 4Kで配線すれば下のとおり。わずか2本のケーブルで済んでしまう。こうした設置のしやすさは、ゲームファンにとって嬉しいという声も。上記に挙がっているようなテレビ背面の配線が少しでも減らせることに加え、チューナー、レコーダーが必要ないから、テレビ台のスペースを有効活用できる点も大きなメリットだ。複数のゲーム機器で遊んでいるが、置き場所に困っている――そんな人もREAL 4Kを検討してはいかがだろう。■ 機械オンチにこそおすすめしたいREAL 4Kのリモコン一体型のメリットは、操作性の向上という点にも表れている。利用者の声を見てみよう。<軽くて、全面シート貼りのリモコンなので掃除しやすくとても良いです。また、テレビ、BD・DVD、ハードディスク、4Kチューナー全てが一体なので、操作はとてもしやすいです><テレビとレコーダーが1つのリモコンでフル操作できるのは、やはり便利。番組表からの録画も快適です>誰でも安心して使いこなせる操作性の高さ――その秘訣はリモコンにあるようだ。テレビと4Kチューナー、ブルーレイレコーダーを利用していると、3つのリモコンを場面に応じて使い分けることになってしまう。機械が苦手な方だと、どのリモコンを使えばいいか悩んでいるうちに、録画したいシーンを取り逃してしまうかも…。しかしこの3つがテレビに一体化されている「REAL 4K」なら、1つのリモコンですべての機能が利用できるので、リモコンを取り間違える心配もない。リモコンは3つの機能を集約しながらも、ボタン数は比較的少ない。また、「録画番組を見る」「録画予約」「ダビング」など、よく使う機能はボタンが大きくデザインされており、迷わず目的の機能が選べるようになっている。このあたりの工夫も、「REAL 4K」の操作性の高さに貢献していると言えよう。■ 容量不足も心配無用!便利な録画機能録画を重視する人もREAL 4Kを愛用している。<録画再生が手軽で便利です。機械オンチの母でも使いこなせています><2Kデジタルチューナー各3個、BS/CSの4Kチューナー各2個搭載で裏番組が録画できるので満足><内蔵ハードディスクの容量も大きくてかなり録画できるし、3チューナーなので同時録画もできて便利です>BS/110度CS 4K放送チューナー2つと地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー3つをそれぞれ備えるREAL 4Kなら、地上デジタル放送も新しい4K放送のどちらも、テレビを見ながら別の局で放送している番組(裏番組)を録画できてしまう。また、「レコーダーとの相性を気にしなくていい」という声も。一体型なら機器の相性も完璧なので、安心して録画できるというわけだ。■ 皆が勧める「REAL 4K」で充実したテレビライフを!「REAL 4K」の注目・人気機能を中心に、SNSやクチコミの声を集めてみた。気になっていた機能が、実際の生活でどのように役立つか、イメージできたのではないだろうか。春の新生活に向けて、新しいテレビの購入を検討している人は、「REAL 4K」でより充実したテレビライフを過ごしてみてはいかがだろうか。

  • 進化し続ける“テレビ”と“記録メディア”<今昔TV回想記>

    進化し続ける“テレビ”と“記録メディア”<今昔TV回想記>PR

    電化製品の「三種の神器」というと、1950年代には冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ。1960年代になると、カラーテレビ、クーラー、自動車が新たな三種の神器と呼ばれた。どちらにも三種の神器として数えられるテレビは、昭和~平成に渡って進化し続けてきた。今回は、その進化について、テレビの進化を彩るビデオ一体型テレビ、通称「テレビデオ」と共に見ていこう。■ 昔懐かしのテレビデオとは?「テレビデオ」というものをご存じだろうか?これは、ブラウン管のテレビとVHS規格のビデオテープレコーダーが一体化したもの。「テレビデオ」という言葉も、ご想像のとおり「テレビ」+「ビデオ」という分かりやすい組み合わせから来ている。テレビデオは、言葉のとおり「ビデオテープ」を使って録画・再生する。このテレビデオ、意外と歴史が古く、世の中に登場したのは昭和55(1980)年頃のこと。ビデオテープの規格がまだ統一されていないさなかに発売された。■ ビデオテープから始まったテレビ録画の歴史今や懐かしいビデオテープ――ビデオデッキの中でテープがからまったり、ツメを折り忘れて家族に録画を上書きされたりしてしまった――なんて記憶をお持ちの人もいるのではないだろうか?前述したように、発売当初のビデオテープは規格が統一されていなかった。規格の統一関連の出来事で有名なのは、日本ビクターが開発した「VHS」と、ソニーが開発した「ベータ」の規格争い。結果的にVHS方式が世の中に浸透したが、理由としてはベータ方式と比べて録画時間が長いことや、ビデオテープを作るときに部品が少なくて済んだことなどが挙げられる。■ 録画機能のついたテレビデオのヒット単体のビデオデッキ自体がまだまだ普及していないときに生まれたこのテレビデオは、テレビとレコーダーをそれぞれ単体で購入するよりもさらに高価であったため、当時は「ぜいたく品」扱いされ、あまり一般的ではなかった。そんなテレビデオが家庭に浸透し始めたのは、平成(1990年代)に入ってから。そのころには値段も手ごろになり、面倒なテレビとビデオデッキの配線接続が不要であることから大ヒット。また、このころには各家庭でテレビを複数台購入することが当たり前になり、自分の部屋や寝室などに置く2台目のテレビとして購入されることが多かったようだ。さらに、一体型はテレビやビデオデッキを設置するよりもコンパクトに置け、省スペースであったことも、人気となった理由の1つ。テレビ視聴、録画、再生がこの1台で楽しめるという利便性から、1998年当時、テレビデオは200万台近くまで売り上げを伸ばした。■ 新たな録画メディアの登場テレビデオに転機が訪れたのは平成の中頃から。そう、DVDやブルーレイディスク、ハードディスクといった新しい記録メディアが登場したのだ。DVDプレーヤー(再生専用機)が製品化されたのは平成8(1996)年。録画が可能なDVDレコーダーが発売されたのは、平成11(1999)年のことだ。これらデジタル時代に突入してから登場した薄型テレビ、ビデオカメラ、DVDレコーダーは、「デジタル三種の神器」として注目を集めることとなった。その後DVDの後継メディアとして登場したのが、ブルーレイディスクだ。ブルーレイディスクレコーダーが初めて発売されたのは平成15(2003)年。DVDの5倍以上の記録ができ、より高品質な記憶媒体として普及した。これらの記録メディアは、現在もコンサートや映画の販売、レンタルで使用されているが、テレビの録画機能として同時期に登場したのが、ハードディスクレコーダーだ。■ 大容量で録画できる!ハードディスクの登場ハードディスクレコーダーが初めて発売されたのは平成12(2000)年の6月。ハードディスクを使う最大のメリットは、なんといっても大容量の記録が可能なこと。DVDやブルーレイディスクは、記録した容量の再生が終わったらディスクを入れ替えなければならないが、ハードディスクは大容量なので、そのまま次の番組を再生することもできる。また、そのころ日本では大きな出来事があった。地上波アナログ放送の終了だ。平成23(2011)年に東北3県を除いて地上波のアナログ放送が終了し、本格的にデジタル放送がスタート。これを機に、DVDやブルーレイディスク、ハードディスクレコーダーや、それらが内蔵されたテレビが続々と発売された。特に、三菱電機の「REAL」シリーズでは、ブルーレイディスクとハードディスクのどちらも搭載された「一体型」が2009年に発売され、話題となった。こうしてデジタルメディアが浸透することで、ビデオやビデオテープの市場は縮小し、テレビデオもその役目を終えることになった。■ 大きく進化した現在のテレビ事情とは?最後に、現在のテレビ事情について見ていこう。4Kや8Kなどに対応した、より高画質なテレビが多数発売されている現在。テレビも進化し、続々と新しい機能が追加されている。地上波デジタル放送や4K放送の実用化に伴い、テレビに映し出す映像もどんどん高画質化している。必然的に録画する映像も大容量化することになり、大容量のハードディスクを搭載するレコーダーが求められる時代となった。大容量のハードディスクを搭載したレコーダーも昨今では数多く販売されているが、ハードディスク内蔵型テレビの人気も強い。録画機能を内蔵したテレビなら、かつてのテレビデオと同様、かなり省スペースになる。設置も簡単。地デジのアンテナをつないで、レコーダーとテレビの入出力をつないで…といった面倒な操作は不要だ。大容量のハードディスクを使って長時間録画したり、複数の番組を同時録画したりすることも簡単にできるのも、録画機能をはじめから搭載しているからこその利便性といえよう。一方で、ハードディスクとブルーレイレコーダーの両方を搭載した録画テレビは少なくなっているが、三菱電機の「REAL」シリーズでは、「一体型」を現在まで継承。テレビの視聴、番組の録画、ブルーレイディスクの再生やブルーレイディスクへのダビングまで、リモコン1つで操作が可能だ。さらに「REAL」シリーズでは、万が一内蔵ハードディスクやブルーレイドライブが故障しても、部品交換修理が可能になっている。こうした整備性の部分も、着実に進化を遂げているのだ。国産初の商業用テレビが発売されてから、もうすぐ70年の節目となる。日本が飛躍的に経済成長するなかで、テレビも時代に合わせて大きく進化してきた。そして、テレビデオも、ビデオテープ、DVD、ブルーレイ、そしてハードディスクと、記録する媒体を変えつつも現代まで生き残ってきたのは、「この番組をもう一度見たい」という利用者のニーズが大きかったからだ。現代に生き続ける唯一の録画一体型テレビ「REAL」。このシリーズが見せる、新しい未来に期待したい。

RECOMMEND POINT

見る!録る!残す!多機能内蔵
新4K衛星放送をとことん楽しめる

新4K衛星放送チューナーを内蔵しているので「BS4K」「110°CS4K」がテレビを買ったその日にすぐ見られる! また、2TBハードディスクを内蔵しているので、新4K衛星放送なら最大約126時間、ハイビジョン放送は最大約2160時間たっぷり録画も可能だ! さらに、4K規格対応の「Ultra HD ブルーレイ」も内蔵し、ダイナミックな映像作品の再生や、録画した4K番組のブルーレイディスクへのダビングもお手の物(※1)。さまざまな4Kコンテンツをこれ1台でとことん楽しめる。
(※1)新4K衛星放送のディスクへのダビングは、4K画質のままではできません。ダビング前にハイビジョン画質への変換(録画モードの変換)をする必要があります。

配線はたった2本でテレビ裏スッキリ
買ってすぐ見られる&掃除の手間も解消

一体型のメリットは多機能だけじゃない! 配線はアンテナ線と電源コードのたった2本だけ。レコーダーやチューナーとテレビを結ぶ線もないので、配線もレイアウトもすっきり。“ケーブル大渋滞でホコリまみれ”の面倒なテレビ裏のお掃除からも解放&野暮ったくなりがちなテレビ周りのインテリアもおしゃれに決まる! 複雑な接続も必要ないので、機械が苦手な女性や高齢者の方、「配線って面倒!」なせっかちさんにお薦めしたい“買ったらすぐ楽しめる”テレビなのだ。

直感操作のリモコン&画面表示で
ストレスフリーなテレビライフ

一体型だから録画、再生、ダビングも1つのリモコンでOK! 大きくて見やすい文字表示の「グット楽リモコン」なら、操作も迷うことなく簡単。また、予約時の電子番組表や再生時の録画一覧も直感的で分かりやすい画面なので、録画操作が苦手な人も安心だ。さらに、画面を見やすい角度にターンさせてベストポジションで視聴ができる人気の「オートターン」機能もリモコンから操作可能。リモコン自体がシートで覆われていて汚れにくく、わずか130g軽量なのも◎。

MOVIE

動画で楽しむREAL
録画テレビ「ガチでREALに恋をした」

夢ナシ!趣味ナシ!彼氏ナシ!!さえない毎日を無気力に送るOL永野晴子26歳。そんな彼女がある日偶然手に入れた録画テレビと、突如現れたナゾの男。いきなり始まるふたりの奇妙な同居生活…男の正体は?ふたりの恋の行方は?【三菱電機公式】

PRODUCT
INFORMATION

三菱録画テレビ「REAL」
用途で選べる2シリーズ

●新4K衛星放送チューナー内蔵 Ultra HDブルーレイ再生対応4K録画テレビ「RA1000シリーズ」
・58V型/LCD-A58RA1000
・50V型/LCD-A50RA1000
・40V型/LCD-A40RA1000

●プライベートルームにぴったりなブルーレイレコーダー搭載モデル「BHR10シリーズ」
・40V型/LCD-A40BHR10
・32V型/LCD-A32BHR10