石原希望『私の“中身”を撮ってもらった感覚』デビュー5カ月で発売の1st写真集に手応え 「ミスiD」への意気込みや今後の目標も明かす

2020/11/01 23:31 配信

芸能一般

石原希望、デビュー5カ月で1st写真集を発売
石原希望、デビュー5カ月で1st写真集を発売


オーディションプロジェクト「ミスiD2021」(講談社主催)セミファイナリストのセクシー女優・石原希望がファースト写真集「Hopeful」(徳間書店)を10月29日に発売。発売を記念してお渡し会イベントが行われ、取材陣のインタビューに応じた石原が写真集の見どころや今後の活動に向けての意気込みを語った。

石原は6月1日にデビューした新人女優でさまざまな作品でランキング上位を獲得し話題を集めているほか、Twitterフォロワー数は9万人、TikTokフォロワー数7.4万人(2020年11月1日現在)などSNSで今勢いのある存在の一人だ。

「ミスiD」は2012年にスタートし、モデル・女優の玉城ティナ、“神スイング”の稲村亜美、“ゆうこす”こと菅本裕子らを輩出した、『ルックスやジャンルに捉われず、新しい時代をサバイブしていく多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディション』というコンセプトのプロジェクトで、石原は「ミスiD2021」に参加中。エントリーした応募者2676人から、カメラテストを経て、セミファイナリスト405人の内の一人に選ばれている。その人気ぶりを裏付けるかのように、デビューから5カ月という、業界では異例ともいえる早さで1st写真集を発売した石原。そんな彼女に話を聞いてみると、デビューから数カ月の20歳ながら浮わついたところがほとんど感じられないしっかりした考えの持ち主だった。

1st写真集は「私の“中身”を撮ってもらった感覚」


沖縄で行ったという撮影では「私は汗かきなので撮影中メイクが崩れたりして申し訳なかった」と笑いながらも、「“私らしい”写真が多い写真集になった」「私の“中身”を撮ってもらった感覚が強い」と手応えを語った。

【写真を見る】「プールの中で、すっぴんでコンタクトも外して…」とお気に入りの一枚(向かって右側)を紹介する石原希望
【写真を見る】「プールの中で、すっぴんでコンタクトも外して…」とお気に入りの一枚(向かって右側)を紹介する石原希望


お気に入りの一枚は「プールの中で、すっぴんでコンタクトも外してほぼ何も見えない状態で潜ったり泳いだりしているところを撮ってくださった写真」で、写真集のタイトルについて「希望にあふれている…未来が明るい感じに表現してくださってるのはうれしかったし、その言葉通りのお仕事の未来が築ければいいなって思わせてくれるタイトルだと思います」とコメント。

現在セミファイナリストに選ばれている「ミスiD2021」については「私自身を尊重してくださるオーディションで、これから先どうなっていくかは分からないですけどグランプリを獲ることが目標ではなくて、ミスiDを通して知ってくださる方を増やしていきたい」と率直な気持ちを明かした。

今後の目標として、「私がこの業界に入る前、明日花キララさんとかしみけんさんとかってAVを見ない女の子でも知ってる存在だったんですよね。そういう存在に私もなりたいなと思って」と話し、それに向けて「いろんなお仕事に挑戦してみたい」と意気込んだ。

■石原希望 公式Twitter
https://twitter.com/Nozomi_Ishihara

■石原希望 1st写真集(Amazon)

キーワード