閉じる

大竹しのぶ“言葉の力”を使って人を操れる事務員に!「世にも奇妙な物語」11年ぶり3度目の主演

2020/11/03 06:00

【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子が大竹しのぶと共演
【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子が大竹しのぶと共演(C)フジテレビ

「世にも奇妙な物語 '20秋の特別編」(11月14日[土]夜9:00-11:10、フジテレビ系)で、3度目の主演を務める大竹しのぶが、“言葉の力”を使って人を操ることができる能力の持ち主を演じる。

広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹の4人が主演を務め、4つのオムニバスストーリーで構成される秋の特別編。

「タテモトマサコ」で大竹が演じるのは、主人公・館本雅子。シンワ文具の総務部で働く、一見ごく普通の事務員だが、“言葉の力”を使って人を操ることができる不思議な能力を持っている。

しかし、その力を私利私欲を満たすために使ってしまうという、さながら現代版の魔女のような、怖くて少し悲しい女性。大竹は、そんな雅子を個性的かつ恐ろしく演じる。

そして、大竹の脇を固めるメンバーは、雅子の同僚部員・志倉楓を「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子、総務部の部長・飯田を小松和重、楓の恋人で同じ会社の営業部につとめる近藤雅也を佐伯大地、そして近藤の後輩・笠原紗英を森高愛が演じる。

楓は交際している近藤からプロポーズされるが、その翌日、近藤がビルから飛び降りてしまう。そんな驚きの展開で物語はスタート。自殺だとうわさされるが、前日にプロポーズされたばかりの楓は到底信じることができない。

一人涙にあけくれていると、そこに近藤の後輩の紗英がやってくる。紗英も“近藤は自殺だと思わない”と言い、近藤が飛び降りた日の夕方、総務部員の雅子ともめているのを見たという。

その夜、仕事終わりの雅子を待ち伏せした楓は、近藤と何があったのか詰め寄るが、雅子は一言も話さず無言で立ち去ろうとする――。

「世にも奇妙な物語」でも扱われることが多い、「人の欲」がテーマとなっている本作。その欲が奇妙な出来事と掛け合わされた時、予想を越えた恐怖の終末を迎えることとなる。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 '20秋の特別編」
11月14日(土)夜9:00-11:10
フジテレビ系で放送

「タテモトマサコ」
出演:大竹しのぶ、成海璃子、森高愛、小松和重、佐伯大地、浦まゆ ほか
脚本:山岡潤平
原案:荒木哉仁
演出:小林義則
編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
プロデュース:小林宙、中村亮太

画像一覧
5

関連番組

世にも奇妙な物語'20秋の特別編

出演者:タモリ 

関連人物

  • 大竹しのぶ

  • 成海璃子

  • 森高愛

  • 小松和重

  • 佐伯大地

関連ニュース

  • 岡崎紗絵、「世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編」出演で痛感…『人間の欲って怖いです』

    2020年10月31日11:00
  • 高橋克実 “間抜けで悲しい中年”役で3度目の主演「“便利”が全てではないという警鐘に」<世にも奇妙な物語>

    2020年10月29日6:00
  • 濱田岳、“うだつの上がらない男”役で主演「ドキュメンタリーのようになれば」<世にも奇妙な物語>

    2020年10月23日6:00
  • 広瀬すず、姉・アリスとの“絆”は「ずる賢いところが似ているかな(笑)」<世にも奇妙な物語>

    2020年10月16日6:00
  • 広瀬すず、今秋放送「世にも奇妙な物語」で初主演!夏編・秋編での姉妹共演が実現

    2020年7月11日23:10