<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「100年に一度のウイルスに襲われた挑戦」【短期集中連載/第12回】

2020/11/09 22:00 配信

映画

映画『えんとつ町のプペル』より。絵本には登場しないスコップが、実はとっても重要な役割を担っている
映画『えんとつ町のプペル』より。絵本には登場しないスコップが、実はとっても重要な役割を担っている

コロナ禍の製作を強いられた映画『えんとつ町のプペル』のリーダーとして決めたことが二つあります。一つ目は、世界の誰よりも努力をすること。二つ目は、この先どんな問題が襲ってきても、1ミリも言い訳をせず、即座に対応すること。

とくにコロナ禍は、理不尽なルール変更が多発する為、リーダーが「言い訳を正当化しやすい環境」にあります。「コロナだから仕方ない」といった。僕は、「それでも空を見上げること」を伝える映画『えんとつ町のプペル』の製作総指揮です。「仕方ない」なんて言葉、死んでも吐くもんですか。

緊急事態宣言の中で


大きな決断をしたのは、「緊急事態宣言」が出ていた5月の会議。その頃、映画の宣伝会議では毎回、コロナの状況が伝えられました。落ち着く気配を見せない新型コロナウイルスに、海外のメジャー作品が、次々に公開延期を発表し、年内公開作品が一つ、また一つと減って行きます。映画館に足を運ぶ人も、すっかり減ってしまい、映画産業の未来すら危ぶまれました。映画『えんとつ町のプペル』は、もともと2020年12月25日公開を予定していましたが、さすがに、この状況です。スタッフから、「西野さん、公開時期、どうしましょう?」という言葉がポツポツと出始めました。「2021年以降に延期」という選択肢もあったのです。

ですが、スタッフから、そのパスを投げられた時(とき)の僕は、コロナによって打ち砕かれた挑戦を、その場にいた誰よりも近い距離で、たくさんたくさん見ていました。ドイツで飲食店を経営している大矢さんは、ロックダウンした街の中で、懸命に家族を守っていました。ニューヨークでミュージカル制作を進めていた小野さんは、ゴーストタウンと化したブロードウェイの真ん中で、一人、ライブ配信をして、涙ながらに「諦めたくない」と想いを語っていました。人が消えた表参道の美容室も、テナントが撤退し続けるショッピングモールのメガネ屋さんも、あのアパレルブランドも、あの靴屋さんも、あの八百屋さんも、皆、生き残りをかけて戦っていました。ZOOMの画面越しに朝まで励まし合ったので、よく知っています。

夢や希望を持ちづらくなった今は、まさに、黒い煙に覆われた「えんとつ町」で、『えんとつ町のプペル』は、そんな中でも、諦めず、空を見上げ続け、挑戦することを選ぶ物語です。その物語の作り手が、自分だけ安全圏に移動するわけにはいきません。「やればできる」ということを自分の生き方で証明して、はじめて、物語の中のセリフに説得力が生まれるというもの。なので、スタッフに言いました。

「公開は延期せず、当初の予定通り、2020年12月25日にしましょう。苦労と理不尽は承知です。それら全てを受け入れて、僕らも、同じようにコロナと戦って、今、苦しんでいる人達の励みになりましょう。その姿勢がこの作品のメッセージですし、きっと、その方が応援してもらえると思います。いろいろ面倒をおかけしますが、最後まで宜しくお願いします」

えんとつ町は煙突だらけ。
そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。
黒い煙でモックモク。
えんとつ町に住む人は、青い空を知りません。
輝く星を知りません。

映画『えんとつ町のプペル』は、頭の上を覆う黒い煙を晴らす物語です。この物語が、この物語を届ける僕らの姿勢が、懸命に生き延びる人達への応援歌になり、いつか、また晴れるといいな。

(第13回は11月16日[月]更新予定)

◼︎「ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

◼︎「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」( ダンス編 )



◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家デビュー。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数50万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

関連番組

関連人物