「なぎスケ!」のシーズン2が11月19日から配信スタート! 草なぎ剛&ユースケ・サンタマリア インタビュー

2020/11/19 12:00 配信

バラエティー

11月19日からAmazon Prime Videoで独占配信する「なぎスケ! シーズン2」。草なぎ剛&ユースケ・サンタマリアのゆるゆるトークが再び!

11月19日からAmazon Prime Videoで独占配信する「なぎスケ! シーズン2」。草なぎ剛&ユースケ・サンタマリアのゆるゆるトークが再び!

Amazon Prime Videoにて独占配信中の「なぎスケ!」のシーズン2が11月19日から配信スタート。
1998年から2018年までテレビ朝日系で放送されていた「『ぷっ』すま」時代から20年以上コンビを組んできた草なぎ剛とユースケ・サンタマリアのゆるゆるとした姿が楽しめるバラエティ。何に対しても“夢中になれない2人”が夢中になれる物を探していく。
今回は、配信を記念して草なぎ剛とユースケ・サンタマリアに直撃インタビュー。番組のこと、改めてお互いについての思いを教えてもらいました。

――シーズン2スタートですが率直な気持ちを教えてください。

草なぎ 「『ぷっ』すま」からの流れなので途中1年ほどお休みはあるけど22年?すごく続いているよね。またユースケさんとこのスタッフ(「『ぷっ』すま」時代からのスタッフ)と一緒にできることが単純にうれしかったです。

ユースケ 正直、「なぎスケ!」シーズン1を始めるときに、記念番組みたいなものかなって勝手に思っていたんですよ。長く続いた番組が終わった後にスペシャルを1回やるみたいな(笑)。でも蓋を開けてみたらシーズン1だけでも52回あって、そしてシーズン2。うれしかったです。

――手応えはあったのですか?

ユースケ 俺の中でテレビは視聴率があるからある程度は指標が分かるんですが、配信はどうなんだろう? でも2ができるということは見てくださっている人がいるって事なんだと思います。

草なぎ 手応えは毎回ほぼないんですよ。それは「『ぷっ』すま」時代から同じで、なんかふわってしている。自分の中で面白かったと思うことが意外とウケていなかったりと笑い的要素の方程式があるなら、全くそれが通用しない世界で。そりゃ最初の頃は頑張っていたんですよ。でもロケも長いし、隣でユースケさんは「帰りたい」ばかり言うし…。なんか途中から意識が変わりました。まぁ実験的な要素が昔から多く、試しながらやっていたりするので、逆に手応えがあるとそこを狙いすぎてあまりよくないみたいだし…。その時々の素直なリアクションが求められていると思います。

ユースケ とはいえ「なぎスケ!」からは以前仕切ってくれていた大熊(大熊英司)さん(元テレビ朝日アナウンサー)の代わりに、ゲストの方に番組を仕切ってもらっているんですよ。そんなことが許される番組ってあまりないですよね(笑)。ただ、ゲストの方も仕切ったことがない人たちばかりなので棒読みでカンペを呼んだり、急に「それではバイバイ」で番組が終わったり。その無茶苦茶な感じが、最初は大丈夫かな?と思っていたけど、最近はなんか形になってきたなと思っています。

――誰もがゆるゆるとやっている雰囲気が魅力ですよね。

草なぎ なんか自然とやっていたらこうなったという感じで。

ユースケ セオリーがないよね。普通の番組だと、みんなで手を叩いて笑ったり、ツッコんだりするけどそれがない。俺は一発ここで面白いことを言って爪痕を残そうとするのが大っ嫌いなんで、そうじゃない番組をできているのはすごくうれしいです。

草なぎ でもさ、「キレてんじゃない」(1999年発売)とか出していた頃はめちゃくちゃ爪痕を残そうとしていたじゃん(笑)

ユースケ そんな昔の歌を出してくんなよ! 「キレてんじゃない」はソロで出した曲なんだけど、あぁいうことをやって爪痕を残せなかったから、もういいや!と気づいた訳よ。考え方のベクトルが変わったんだよ。

「なぎスケ! シーズン2」
11月19日(木)スタート
毎週木曜昼0:00更新予定
Amazon Prime Videoにて配信

「なぎスケ!」番組ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B0828M2VJT
「なぎスケ!」YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCm7LzjNmtMvpC53lkVXDn4g
公式サイト:https://nagisuke.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/nagisukeJP
公式Instagram:https://www.instagram.com/nagisuke.jp/

月刊ザテレビジョン「草彅剛の『お気楽大好き!』」連載中!

「お気楽大好きWEB」も好評配信中!
https://thetv.jp/feature/okiraku/

関連番組

関連人物