中川大志が2022年大河ドラマ出演!“武士の鑑”畠山重忠を演じる<鎌倉殿の13人 新出演者発表>

2020/11/17 12:02 配信

ドラマ

中川大志が2022年大河ドラマ出演!

中川大志が2022年大河ドラマ出演!

中川大志が2022年放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)に畠山重忠役で出演することが発表された。小栗旬主演、三谷幸喜が脚本を務める同作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。中川が演じる畠山は、知勇兼備の武将として知られており、常に先陣をきる“武士の鑑”と言われていた武将で若手御家人筆頭。初代執権・北条時政によって謀反の疑いをかけられ、義時と対立する。
また、中川は三谷脚本の大河ドラマ「真田丸」(2016年)にも出演しており、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」(2011年)、大河ドラマ「平清盛」(2012年)に続いて今回が4作目となる。

鎌倉殿の13人」の出演者は、ドラマ公式Twitterにあげられた三谷のコメント動画にて11月16日から20日の5日間にわたり20人が発表されるとのこと。三谷は「小出しに、小出しに発表されるので皆さん楽しみに待っていてください」とコメントしており、16日には小池栄子片岡愛之助松平健佐藤二朗の出演が発表された。
三谷は、これまで大河ドラマ「新選組!」(2004年)、大河ドラマ「真田丸」と脚本を務めており今回が3作目となる。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
2022放送開始予定
NHK総合ほか

公式Twitter:@nhk_kamakura13

関連番組

関連人物