上田麗奈「当たり前と思ってることが、実は当たり前じゃない」<劇場編集版アニメ「日本沈没2020」舞台挨拶>

2020/11/17 15:45 配信

映画

映画「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」公開記念舞台挨拶の様子

映画「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」公開記念舞台挨拶の様子

映画「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」(全国公開中)の公開記念舞台挨拶が11月15日に行われ、湯浅政明監督とキャストの上田麗奈、村中智、小野賢章が登壇。“賛否沸騰”ともいわれる同作に携わって感じた率直な思いをそれぞれ明かした。

湯浅監督「もともと劇場に対応できる形で制作していた」


小松左京のSF小説「日本沈没」(角川文庫)をアニメ化し、Netflixで国内視聴ランキングNo.1を獲得した配信版「日本沈没2020」(全10話)。劇場編集版は、この配信版を湯浅政明監督自身が編集し再構築したもの。


上田は過酷な世界で成長を遂げる少女・武藤歩(あゆむ)を、村中は歩と一緒に天変地異を生き抜く弟・剛(ごう)を熱演。小野はサバイバルのカギを握る謎のユーチューバー・カイト役で出演した。

舞台挨拶ではまず、大きな拍手に迎えられた上田が「『日本沈没2020』が新しく生まれ変わって、皆さんに見て頂ける、この機会に立ち会えて本当に嬉しいです」と喜びを口にし、湯浅は「このタイトルのお話を頂いた時に“日本人であることについて今一度考え直してみたい”という想いを抱きました。今日は少しだけお付き合いください」と呼びかけた。

すでにNetflixで配信されていた本作を劇場編集版として公開することについて、湯浅は「音をもともと劇場に対応できる形で制作していたのと、より多くの方に観て頂きたいなという気持ちがあったので、劇場という形で公開できてとても嬉しいです。Netflix版はあえて混乱させる作りにしていたのですが、その中にはちゃんと真実があって。それを見つけて欲しい、自分で考えて欲しいなと思っていました。ただついていけない方も沢山見受けられたので、劇場版は少し分かりやすい作りなるように編集しています」と思いを語った。

■映画「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」本編冒頭5分映像【独占公開】



■「湯浅監督が深堀り!劇場編集版アニメ『日本沈没2020 劇場編集版-シズマヌキボウ-』超解説 副音声上映」
公開劇場にて、制作陣による“イヤホンで聴く副音声付き上映”を実施。
コメンテーター:湯浅政明監督、牛尾憲輔(音楽)、吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

劇場編集版アニメ「日本沈没2020 劇場編集版-シズマヌキボウ-」
全国公開中
「日本沈没2020 劇場編集版-シズマヌキボウ-」本予告

原作:小松左京「日本沈没」
監督:湯浅政明 音楽:牛尾憲輔 脚本:吉高寿男
キャスト:上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治 
アニメーション制作:サイエンスSARU
(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
公式サイト:https://japansinks2020.com/

関連人物