赤楚衛二、三四郎・小宮と“検索力”対決「ステキな方でした」<脱力タイムズ>

2020/11/19 11:00 配信

バラエティー

11月20日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」に小宮浩信と赤楚衛二が出演する

11月20日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」に小宮浩信と赤楚衛二が出演する

11月20日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、俳優の赤楚衛二と、お笑い芸人の三四郎小宮浩信が登場し、“検索力”で対決。収録後のインタビューでは、初対面だったという小宮について赤楚は「以前から、きっと優しい人なんだろうなとは思っていたんですけど、実際にお会いしたら、イメージしていた以上にステキな方でしたね」とコメントした。

同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説する新感覚のニュースバラエティー番組。

オープニングでは、小宮が話し始めるや否や、メーンキャスターのアリタ哲平が小宮の滑舌の悪さを指摘。さらに解説員の齋藤孝や出口保行から「笑いの取り方が古い」「報道番組をなめるな」などと追い打ちをかけられ、小宮は戸惑いを隠せない。

一方、初出演の赤楚が「今、気になっているニュースは少子化の問題」と話しだすと、出演者一同から賛辞の嵐が。露骨すぎるほどのアウェーな空気に、小宮は早くも不安におののき始める。

特集のテーマは、「激論!令和時代の教育の在り方」。現在、わが国では学校教育のデジタル化が着々と進んでいる。

全国の大半の公立小中学校では、今年度中にPCやタブレット端末などが1人1台支給される見通しで、これによって子どもたちは、独自の視点で情報を収集し、それを共有することで多くの知識を得られるようになるという。そこで今回は、これからの教育で養うべき能力について徹底討論していく。

齋藤解説員は、子どもたちが身につけるべき力のひとつとして「検索力」が重要だと主張。それを受けて、スタジオでは、赤楚vs小宮の検索力対決を実施することに。難しい漢字の読み方や、1枚の風景写真から場所を特定できるかといった問題が出され、2人はネット検索のみで答えを探し、正解するまでの速さを競い合う。

すると、赤楚が的確な検索力を発揮して連戦連勝。小宮は、アリタたちからポンコツ扱いを受け、過酷な罰ゲームにも挑戦させられてしまう。

しかし、検索力対決で「小宮浩信がテレビで披露したギャグを5つ挙げなさい」とのお題が出されると、赤楚が検索中に偶然開いた、とあるネット記事をきっかけにスタジオがざわつき始め、番組のプロデューサー陣が現れて、出演者を呼び出す。小宮が「みんな性根が腐ってるな!」とあきれ返る一幕も。

「THE美食遺産」は、東京・麻布十番にある名店の、今が旬の絶品うなぎ料理を、滝沢カレンがナビゲート。エンディングでは、アリタの怒号と小宮のツッコミがスタジオに悲しく響きわたることに。

「全力!脱力タイムズ」
11月20日(金)毎週金曜夜11:00-11:40
フジテレビ系

関連番組

関連人物