宮川大輔、“あるもの”を探して奔走「おっさんが本気でやっている面白さを見てください!」<インタビュー>

2020/11/19 07:00 配信

映画

11月20日(金)から公開の映画「ヤウンペを探せ!」に出演する宮川大輔
11月20日(金)から公開の映画「ヤウンペを探せ!」に出演する宮川大輔

池内博之宮川大輔池田鉄洋松尾諭が出演し、蓮佛美沙子がヒロインを務める映画「ヤウンペを探せ!」が11月20日(金)から東京・シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開される。

同作は、20年ぶりに再会した映画研究会のメンバーである、売れない俳優のキンヤ(池内)、さえない中華レストラン店長のジュンペイ(宮川)、教員試験を万年浪人中のタロウ(池田)、ラブホテルオーナーのアッキー(松尾)が、自主映画のヒロインだったミサト(蓮佛)が欲しがる「ヤウンペ」を探すために奔走する姿を描くスラップスティック・コメディー。

4人はミサトから「今の私にはヤウンペが必要なの。今、一番欲しいの」と言われ、「ヤウンペ」が何かも分からないまま探し始める。

今回、ジュンペイを演じた宮川にインタビューを行い、撮影時の雰囲気から、ジュンペイと同様に好きな人のために一生懸命頑張った経験、作品の見どころまで語ってもらった。

――ジュンペイを演じるに当たって、どのように役作りをされましたか?

最初に台本を読んだときは「なんやこれ、これをどういうふうにやったらいいのかな?」って思って。台本だけじゃ分からないことが多かったので、あえて役作りはせずに現場に行って、皆さんと一緒に作っていきました。雰囲気の中から生まれてくることもたくさんあるので。

――撮影現場はどのような雰囲気だったのでしょうか?

キンヤ、ジュンペイ、タロウ、アッキーの4人が再会して乾杯するシーンから撮ったんですけど、その時に「あっこのままいけるな!」って思って。もう細かいことは気にせず、思いっきりやって監督とみんなにまとめてもらおうって思いました。それが結果的に面白くなるんじゃないかなと思ったので。

初めて共演する方が多かったんですけど、そんな感じもしなくてすぐに仲良くなれました。池鉄さん(池田鉄洋)と松尾くんの会話が本当に面白くて、その会話が二人の“取り扱い説明書”じゃないけど、こういう感じで接したらいいんかと思って。二人が雰囲気を作ってくれましたね。

でも池鉄さんと松尾くんと3人で、池内くんにはどう話し掛けたらいいのかなって言ってたんですけど、実は一番面白くてかなり謎な人でした(笑)。蓮佛さんは本当にきれいだし、気さくで話やすかったですね。

映画「ヤウンペを探せ!」
11月20日(金)から東京・シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開
出演:池内博之、宮川大輔、松尾諭、池田鉄洋、蓮佛美沙子、赤楚衛二、門脇佳奈子、村松利史、栗原類、川畑和雄、渡部陽一、ソンモ、永嶋柊吾、ついひじ杏奈、大江駿輔、川島海荷(友情出演)、桜井ユキ、榊英雄、桂三度
監督:宮脇亮
脚本:高石明彦、渋谷未来

関連番組

関連人物