「ボクたちはみんな大人になれなかった」“エモ過ぎる”と話題の小説が森山未來主演で映画化決定

2020/11/20 10:00 配信

映画

「ボクたちはみんな大人になれなかった」原作小説書影
「ボクたちはみんな大人になれなかった」原作小説書影

作家・燃え殻のデビュー小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」(新潮社)が、NetflixとC&Iエンタテインメントの共同企画製作で映画化されることが決定した。同映画は2021年にNetflixにて配信予定。

2016年に初版発行されて以来、世代を超えて共感の声が広まり続けている小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」は、ウェブメディアの連載やSNS上で大きく話題を呼び、あいみょんをはじめ、糸井重里小沢一敬会田誠吉岡里帆EXIT兼近大樹といったさまざまなジャンルのクリエイターや著名人から“悶絶するほど”に絶賛されている。

同小説には誰もが感じる切なさや懐かしさが凝縮されており、10代や20代からは時代を超えて感情に訴える“エモさ”で、30代や40代からは舞台となっている90年代を代表するミニシアター、渋谷の街、流行した音楽や映画のタイトルなど当時のカルチャーを懐かしみながら楽しめるという点で共感を呼んでいる。

物語は、ある朝の満員電車の中で、昔フラれた大好きだった彼女に間違えてフェイスブックの“友達申請”を送ってしまった主人公「ボク」の混沌とした1日から始まる。過去と現在をSNSが繋ぐ異色のラブストーリーだ。

そして今回、待望の映画化が決定。主演は、数々のヒット作で大役を務めるだけでなく、舞台やコンテンポラリーダンスなど幅広い活躍を見せてきた森山未來。森山が演じるのは昔の大好きだった彼女にSNSを介して再会してしまう主人公「ボク」。「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「モテキ」(2011年)といった大ヒットラブストーリーで主役を演じてきた森山の、本作での演技に期待が高まる。

監督を務めるのは森義仁犬童一心阪本順治のほか名だたる監督に助監督として師事し、その後さまざまな企業のCM、欅坂46やサカナクションなどのMVを手がけ、演出家としての手腕を発揮。2015年にはカンヌ広告祭ではフィルムクラフト部門でゴールドを受賞し、「恋のツキ」(2018年、テレビ東京ほか)でドラマ初監督を務め、本作が映画監督としてのデビュー作となる。

Netflix映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」
原作:燃え殻「ボクたちはみんな大人になれなかった」(新潮社)
監督:森義仁
脚本:高田亮
撮影:吉田明義
美術:林田裕至
照明:高田紹平
録音:西正義
音楽:TOMISIRO
編集:岩間徳裕
整音:浅梨なおこ
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー:山本晃久
企画・制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配信:2021年、Netflixにて全世界同時配信予定

関連番組

関連人物