加藤シゲアキ「僕の背中も蹴られた感じ」“作家活動”に綿矢りさが影響

2020/11/22 20:07 配信

バラエティー

加藤シゲアキが“作家デビュー”の契機を語った

加藤シゲアキが“作家デビュー”の契機を語った

11月21日放送の「タイプライターズ〜物書きの世界〜」(フジテレビ)で、ゲストに作家の綿矢りさが登場。アイドルで作家の加藤シゲアキと、羽田圭介が綿矢の作品に影響を受けた過去を明かし、加藤が「僕の背中も蹴られた感じだった」と当時受けた衝撃を語る一幕があった。

17歳で文壇デビューを飾り、2004年19歳のときに「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した綿矢を迎え、番組MCの又吉直樹と加藤がトーク。
加藤から「気分転換はされてますか?」と聞かれると、綿矢は「美術館とかに行ったり、映画館とか…館を。ミュージアム系をよく一人で行きます」と明かした。

また番組の途中からは、作家の中村文則、羽田圭介も合流し綿矢の素顔に迫った。

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

ジャニーズ番組まとめ

関連番組