武田玲奈、“平成ネット史最大の闇”を描く主演作公開「目をそらさずにじっくりとこの恐怖を一緒に味わっていただけたら」

2020/11/28 06:00 配信

映画

武田玲奈主演映画「真・鮫島事件」が公開中

武田玲奈主演映画「真・鮫島事件」が公開中

11月27日、映画「真・鮫島事件」の初日舞台あいさつが東京、池袋シネマ・ロサで行われ、武田玲奈虹のコンキスタドール鶴見萌清水理子、そして永江二朗監督が登壇した。

同作は、平成ネット史最大の闇と言われる「鮫島事件」を原案に映画化されたパニックホラー。佐々木菜奈(武田)は高校時代の同級生たちと毎年恒例の部活会の飲み会をリモートで行うが、仲間の一人・あゆみが連絡もなく飲み会にも参加しなかった。

“その真相に触れた者は必ず呪われて死ぬ”など、さまざまな説がある都市伝説「鮫島事件」。実は、あゆみは仲間の裕貴と鈴(鶴見)と3人で鮫島事件の発祥の地とされている廃虚に行き、その時からあゆみの様子がおかしくなっていた。「鮫島事件」の呪いは実在するのか…というストーリー。

主演の武田は「このような時代なので、作品が公開できて舞台あいさつができることが珍しいことだと思いますので感謝の気持ちでいっぱいです」と観客にあいさつし、永江監督に向かって「撮影からそんなに日がたってないので、編集が大変だったと思います。お疲れ様でした」とねぎらいの言葉をかけた。

主人公・菜奈の高校時代の同級生・山田鈴役の鶴見も「もともとホラーは得意じゃない部類の人間で、特に“鮫島事件”はいつ自分に来てもおかしくない内容なので、『ついにこれが世に広まってしまうんだなぁ“って、すごく”怖(こわ)楽しみ“です!』と公開日を迎えた気持ちを伝えた。

鶴見と同じアイドルグループ・虹のコンキスタドールのメンバーの清水は、主題歌「ツグム。」を担当。
「この曲は、歌詞が映画にピッタリの内容なので、言い過ぎるとネタバレになってしまうので言えないんですけど、歌詞の中に“ツグム(噤む)”と“ツムグ(紡ぐ)”という言葉がたくさん出てきますので、その意味を考えながら見ていただきたいです」と、作品と主題歌が密接にリンクしていることを明かした。

映画「真・鮫島事件
全国ロードショー中

出演:武田玲奈、小西桜子、濱正悟、林カラス、鶴見萌、山形啓将、水島里菜、佐藤仁、しゅはまはるみ、佐野岳
監督・脚本:永江二朗
主題歌:「ツグム。」清水理子(虹のコンキスタドール)
製作幹事:イオンエンターテイメント/キャンター
制作プロダクション:キャンター 
配給:イオンエンターテイメント

【HP】https://samejimajiken-movie.com/
【Twitter】@samejima_movie
【Instagram】@samejima_movie

(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

▼特報映像


関連番組

関連人物