西島秀俊「翻弄される思いで毎日演じていました」“本能で演じる”共演者とのエピソードを語る<ノースライト インタビュー>

2020/12/11 10:00 配信

ドラマ

西島秀俊がドラマ「ノースライト」の魅力を語る!
西島秀俊がドラマ「ノースライト」の魅力を語る!撮影=後藤利江

西島秀俊主演のドラマ「ノースライト」(夜9:00-10:13、NHK総合ほか)が12月12日(土)、19日(土)の2週連続で放送される。 同作は、横山秀夫による同名小説が原作で、一級建築士の主人公が依頼主の失踪をきっかけに、その行方を追う中で家族の在り方を見つめなおす姿を描くミステリー。西島が主人公の建築士・青瀬稔、その妻・ゆかりを宮沢りえが、青瀬が務める建築事務所の所長・岡嶋昭彦を北村一輝が演じる。

西島演じる青瀬は、依頼人・吉野陶太(伊藤淳史)から「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」という注文を受け、軽井沢に家族の温かさをテーマとした家を建てる。“Y邸”と呼ばれるその家は、青瀬の代表作となるも、吉野らが移り住んでいないまま放置されていることが発覚する。不信に思った青瀬は、岡嶋とともに吉野一家の行方を追う。

本作の舞台の一つであるY邸は、このドラマの撮影のために軽井沢に実際に建てられたそうで、制作統括の佐野元彦氏は「北からの光“ノースライト”が差し込み、3つのチムニーが象徴的な、窓からは阿蘇山が絵画のように見える…という家はもう建てるしかないと思いました」と語っている。

数々の作品に出演する西島だが、横山原作の「ノースライト」へ出演するにあたり「プレッシャーでつぶれそうになりながら演じていました」と言い、自身が出演すべきか悩んだとも語る。そんな西島にWEBザテレビジョンはインタビューを行い、役への思いや、このドラマのために建てられたY邸での演技の感想、共演した北村や宮沢への印象などを聞いた。

【写真を見る】“ノースライト”のような温かい視線でこちらを見つめる西島秀俊
【写真を見る】“ノースライト”のような温かい視線でこちらを見つめる西島秀俊撮影=後藤利江


西島秀俊インタビュー


――原作や脚本を読んだ感想、そしてオファーを受けた際はどのように感じられましたか

まず、横山秀夫さんの作品に出演させていただくと聞いたときは、緊張といいますか、プレッシャーが大きかったです。原作はとても素晴らしい作品で、「原作のこの熱量と分量をどうやって落とし込むんだろう」と思っていました。それを大森(寿美男)さんが素晴らしい脚本にしてくださって、撮影中もよりプレッシャーを感じながら演じていました。オファーを受けるときも自分でいいのかということや、自分がこの役を演じきることができるのかと悩みました。

「ノースライト」(全2回)
12月12日(土)、12月19日(土)夜9:00-10:13
NHK総合ほかにて放送

原作=横山秀夫『ノースライト』
脚本=大森寿美男
音楽=稲本響
出演=西島秀俊、北村一輝、田中麗奈、伊藤淳史、林泰文 / 寺脇康文、宮沢りえほか
制作統括=佐野元彦(NHKエンタープライズ)、長谷川晴彦(ロボット)、訓覇圭(NHK)
演出=笠浦友愛(NHKエンタープライズ)

関連番組

関連人物