賀来賢人、岡田健史に「本当にマジメだね(笑)」と感心<新解釈・三國志連載>

2020/12/20 08:00 配信

映画

映画「新解釈・三國志」で初共演した賀来賢人&岡田健史
映画「新解釈・三國志」で初共演した賀来賢人&岡田健史撮影=横山マサト

笑いの才人・福田雄一が監督を務める映画「新解釈・三國志」(公開中)。賀来賢人は、容姿端麗なことでも知られていた呉の国の武将・周瑜(しゅうゆ)役に。そして、彼が仕える呉の若き君主・孫権(そんけん)を岡田健史が演じた。今回が初共演となる二人が感じた福田組の印象とは?

呉の国の武将・周瑜(賀来賢人)と、彼が仕える呉の若き君主・孫権(岡田健史)
呉の国の武将・周瑜(賀来賢人)と、彼が仕える呉の若き君主・孫権(岡田健史)(C)2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

福田組は、みんなが監督を笑わせにいっているからね(笑)

――岡田さんは福田組に参加するのは初めてだったと思いますが、印象に残っていることはありますか?

岡田「『新解釈・三國志』は、僕の俳優歴としては3本目の作品だったので、全てのことが初めてで、新鮮ではあったんですが、本番中に福田監督が大笑いされているのには驚きました(笑)。それは後にも先にもない経験でした」

賀来「福田組は、みんなが監督を笑わせにいっているからね(笑)。監督が笑ってくれれば『OK』というところもあるし」

――賀来さんは「スーパーサラリーマン左江内氏」や「今日から俺は!!」などでも福田監督と組まれています。そんな賀来さんから岡田さんに何かアドバイスされたことはありましたか?

賀来「そんなアドバイスだなんて(笑)。僕が言うまでもなく、岡田くんは最初から堂々としていて“無問題”でしたよ。これが俳優としては3作目だったんでしょ?」

岡田「はい」

賀来「だから、偉いなって。僕がそのぐらいのときは、まともにセリフも言えてなかったので、ただただすごいなと思いました」

映画「新解釈・三國志」
公開中
監督・脚本=福田雄一/出演=大泉洋、ムロツヨシ、小栗旬ほか


映画「新解釈・三國志」特集ページはこちらからチェック!

「新解釈・三国志」ニュースまとめ

関連番組

関連人物