木村拓哉、待望の釣り企画! 木村は自身のタックルを持参して海釣りへ!

2021/01/10 12:00 配信

バラエティー

今回は待望の釣り企画!

今回は待望の釣り企画!

1月10日、TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」の#128が配信された。

朝8:30の集合に「おはようございます!」と現れた木村。早速、視聴者からのメール「釣りでお父さんに勝つにはどうしたらいいですか? 木村さん次は海釣りをしてください」と14歳の男の子からのメッセージを木村は読み上げる。番組ディレクターの蔵持総監督は「助っ人を用意しています」と言い、秋丸美帆さんを呼び込む。
釣りで食べているという釣りのプロだと、ミッピさん(秋丸)が自己紹介をすると木村も「俺も釣りで食べていきたい…」とつぶやく。
そんな木村にミッピさんが「今日は東京湾でアジ、イシモチをエサ釣りで釣って、ルアー釣りでシーバスを釣ります」と本日の計画を伝える。すると「僕、エサ釣りってやってないんです」と告白。木村は駆け引きだというルアー釣りしかしないと言うが、エサ釣りをしてボウズ(1匹も釣れないこと)を免れたらルアー釣りをすると宣言。木村にとって釣りは“漁”だと言い、命までいただくところまでを言うそう。
そんなトークを繰り広げ、早速お店で釣り具を買う木村とミッピさん。天候や季節、時間の話を交えながら釣り初心者にも分かりやすく買い物をする木村。
番組スタッフから「釣りをするので」と言われた木村は、自身のタックル(釣り道具)も持ってきたそう。しかも掛けているメガネは、紫外線を受けるとサングラスになるそうで、釣りの準備は万端。釣り用語もたくさん出てくる会話だが、しっかり木村とミッピさんが説明をしているので、釣りに興味のある方は必見だ。
そして着替えも済ませ、場面は海へ。2対2のチーム戦にしたいという蔵持総監督が16歳の女子高生釣りガールである前崎凪砂さんを呼ぶ。
木村&凪砂さんVSミッピさん&倉持総監督という対決で、負けた方は視聴者プレゼントを用意することに。勝負の定義も決め、いざ船へ。
次回、本気の“漁”対決がスタート! 勝負の行方&木村の釣り姿をぜひチェックしたい。

「木村さ~~ん!」毎週日曜昼12:00から配信スタート
#128
URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/53ca5af2

関連人物