肉体美にくぎ付け!森山未來&北村匠海&勝地涼「アンダードック」は必見

2021/01/15 06:30 配信

ドラマ

『アンダードッグ』に出演する森山未來、北村匠海、勝地涼
『アンダードッグ』に出演する森山未來、北村匠海、勝地涼(C)AbemaTV,Inc.

森山未來が主演を務め、三者三様のボクサーたちの人生が交錯する物語を描いた映画「アンダードッグ」(公開中)。また、全8話からなる配信版も、ABEMAプレミアム限定で独占配信中で、同作でボクサーを演じる森山、北村匠海勝地涼が、肉体改造で作り上げた肉体美にも注目が集まっている。

タイトルである“アンダードッグ”とは、ボクシング界で“かませ犬”を意味する言葉で、スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で“かませ犬”として踏み台にされ、はい上がろうともがく崖っぷちボクサー・晃(森山)を中心に、過去に秘密をもつ若き天才ボクサー・龍太(北村)、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑む芸人ボクサー・宮木(勝地)の闘いを描いている。

主人公の崖っぷちボクサー晃を演じる森山未來

ボクサー役は今回が初めてとなる森山は、元日本ライト級1位のプロボクサーを演じるにあたり、撮影が始まる1年以上前から本格的なボクシングの練習に取り組みました。本作では、メガホンをとる武正晴監督が「もはやプロボクサーにしか見えない」と語るほど鍛え抜いた肉体美を披露している。

崖っぷちボクサー・晃を演じる森山未來
崖っぷちボクサー・晃を演じる森山未來(C)AbemaTV,Inc.


配信版『アンダードッグ』(R15+)
全8話、ABEMAプレミアムにて独占配信




『アンダードッグ』(劇場版&「ABEMA」独占配信版)
出演:森山未來 北村匠海 / 勝地涼
監督:武正晴(『全裸監督』、『百円の恋』)
原作・脚本:足立紳(『百円の恋』、『喜劇 愛妻物語』)
企画・プロデュース:東映ビデオ
製作プロダクション:スタジオブルー
配給:東映ビデオ
製作:ABEMA 東映ビデオ
公式 HP:underdog-movie.jp
公式 Twitter:@Movie_UNDERDOG
コピーライト:(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

関連人物