松本潤「この大きな挑戦をしてみたい」2023年放送の大河ドラマ主演へ!誰もが知る徳川家康を演じる

2021/01/19 16:18 配信

ドラマ

松本潤が大河ドラマ初主演へ!

松本潤が大河ドラマ初主演へ!

松本潤が2023年スタートの大河ドラマ「どうする家康」にて主演を務めることが発表された。松本は大河ドラマ初出演となる。脚本を務めるのは、「リーガル・ハイ」(フジテレビ系)などを手掛けた古沢良太が担当する。同作は、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語だ。

松本潤コメント全文


初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!?
しかも誰もが知っている、あの家康を!?
脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!
しかし嬉しかったのと同時に、大きな不安も感じました。
そんな大役を自分が務め上げられるのかと。
初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。
嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きな事を決める事はできないと思い、結論を待って頂きました。
スタッフの皆さんには本当に感謝しています。
そして年が明けてから今一度考えました。
嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません。
また次に、心血を注いでみんなとモノづくりができるなら、この大きな挑戦をしてみたい。
古沢さんの考える家康像はとても斬新です。
今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています。
そして乱世に振り回されながら、必死に生き抜き戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたらと思います。
日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんの事、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。
楽しみにしていてください。


現在、長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が放送中。史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く。

2月14日(日)からは大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の放送がスタートし、2022年には小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が放送される。

大河ドラマ「どうする家康」
2023年放送開始予定

関連番組

関連人物