山田杏奈、20歳&デビュー10周年を迎えた決意表明「やり切った!と思える1年に」

2021/01/23 17:00 配信

映画

【写真を見る】デビュー10周年を迎えた山田杏奈
【写真を見る】デビュー10周年を迎えた山田杏奈

女優の山田杏奈が、岩田剛典新田真剣佑が初共演を飾った映画「名も無き世界のエンドロール」(1月29日公開)にて、ヒロインのヨッチを演じている。

第25回小説すばる新人賞を受賞した、行成薫の同名小説を映画化した本作は、幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)が、表社会と裏社会、それぞれの世界でのし上がり、ある壮大な計画を実行しようとする、サスペンス・エンターテインメント。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、山田にインタビューを実施。キダ&マコトの幼なじみでありながら謎めいた役どころについて、撮影でのエピソードを語ってもらった。また、1月8日に20歳を迎えたばかり&芸能界デビュー10年を迎え、ますます勢いに乗る山田に、女優として、女性としての今の思いも聞いた。

1月8日に20歳を迎えた山田杏奈
1月8日に20歳を迎えた山田杏奈


人生初めての金髪は「すごく楽しかった」けど「服が合わなくなって…(笑)」


――山田さん演じるヨッチは、どのような役どころですか?

 岩田さんと新田さんが演じるキダとマコトの幼なじみです。「名も無き世界のエンドロール」は高校時代~20歳までの過去パートと、現代パートでわかれているんです。ヨッチは、あることがあって、現代ではふたりとは一緒にはいないんです。性格としては、サバサバな口調で話してすごく強がってみせるんですけど、内面はすごく寂しがり屋で、生い立ちから孤独感を抱えているような子です。

――役作りでやったことは何かありますか?

 映画には出てこない描写なんですが、原作で、ヨッチは「フォレスト・ガンプ(/一期一会)」が好きと言うシーンがあったので、観たりしました。外見的なことで言えば、髪の毛を半分金髪に染めたりして、見た目的にちょっと外れた感じを出しました。岩田さん、新田さんとは実年齢が結構離れていたので、並んで同じ高校生に見えるように、私が子どもっぽく見えすぎないように意識しました。

――金髪のヨッチの外見は、山田さん的にお気に入り?

 ああ~…!あのときくらいしか金色にできなかったので、やっていた当時はすごく楽しかったです。…けど、初めて髪を染めたので、服が全然合わなくなって、そこは大変でした(笑)。服をいろいろ買い替えたりした記憶があります。

――そして、岩田さん、新田さんとの共演は、いかがでしたか?

 本当におふたりともプロフェッショナルだな、と思いました。お芝居の中で関係性を作っていくのが大きかったので、3人でいたら、本当にキダとマコトとヨッチ、という感じがしました。おふたりに引っ張っていただきましたね。オフのときは世間話をさせてもらっ
た時間もありましたし、1回、岩田さんがコーヒーを買ってきたとき、さりげなく皆さんの分も買ってきてくださって。「はーい」と、持ってきてくれたんです。心配りがすごくできる方で、素敵だなと思いました。新田さんは、弟の(眞栄田)郷敦くんと前に映画(「小さな恋のうた」)でご一緒していたので、「やってたよね!」とか、その話をしましたね。

――ヨッチにおけるキダ、マコトのように、山田さんも昔からの幼なじみだけに見せる顔はありますか?

 女の子の幼なじみが、ひとりいます。その子にだけは、何も気を使わなくなっちゃいます(笑)。私は東京にいて、その子は地元にいるので、そんなにしょっちゅう会えるわけではないんですけど、久々に会うと、本当に何時間でも話していられるんです。何を言っても受け止めてくれるし、私も彼女のことを受け止めますし。そういう安心感があるので、めちゃめちゃ気を抜いているかも…しれません(笑)。



映画「名も無き世界のエンドロール」
1月29日(金)全国ロードショー公開
監督=佐藤祐市
原作=行成薫
脚本=西条みつとし
出演=岩田剛典、新田真剣佑
   山田杏奈、中村アン/石丸謙二郎、大友康平、柄本明
配給=エイベックス・ピクチャーズ
▼公式サイト
namonaki.jp/

関連番組

関連人物