ダルビッシュ有“ポジティブな言葉がけ”の原点明かす「野球が好きじゃなくなっていった」過去も告白<初耳学>

2021/01/31 22:55 配信

バラエティー

「林先生の初耳学」に出演する林修

「林先生の初耳学」に出演する林修

今オフにカブスからパドレスに移籍したメジャーリーグのダルビッシュ有投手が、1月31日放送の「林先生の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、TBS系)にリモート出演。24日放送回に引き続き、林修のインタビューに答え、ポジティブな言葉がけを重視する理由を明かした。

「日本の野球が一番。そうなってほしい」


自身の意見をYouTubeやSNSで発信し続けているダルビッシュ投手。率直なメッセージ、そして時には一般人とも熱く議論する姿勢は、注目を集めることも多い。

その理由を「僕は日本のプロ野球で育っていますし、日本人なので日本の野球が一番だと思いたい。そうなってほしいと思っているから『ここはよくない』『これを取り入れたほうがいい』ということは10年前から言うようにしています」と語った。

林先生にセ・パ格差について問われると「パ・リーグは情報交換がとにかくよく行われていた」など自身の経験から両リーグの違いに言及し、「球団間での情報共有は絶対大事だと思っていますし、トレーニングでも情報をアップデートしてやっていくのが大事だと思います」と持論を展開。

近年はセ・リーグも含め日本野球界に新しいものを取り入れる土壌が育ってきたと言い、「ずっと言い続けてきて良かった」と顔をほころばせた。

ダルビッシュ投手が重視する「メンタル面のアプローチ」


同時に、アスリートのコンディション維持については、ここ数年メンタル面のケアを身体的なトレーニングと同じくらい重視している。

「自主トレの時、いろんな野球選手がダルビッシュ選手のところに行ってましたよね」と林先生に水を向けられると、「(コロナ禍の前は)来てくれたりもしてました。千賀くん、石川くんとか」と福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手や石川柊太投手らとの交流を明かした。

2020年末には、そうした交流の中で印象的な出来事もあった。福岡ソフトバンクの吉住晴斗投手が契約の問題で引退を考えていると聞き、面識がないにもかかわらず石川投手を介して接触。ポジティブな言葉がけでアドバイスを送ったのだ。これが契機となり、吉住投手は現役続行を決意した。

「林先生の初耳学」
毎週日曜夜10:00-10:54
TBS系で放送
※1月24日は夜10:15-11:09
公式サイト:https://www.mbs.jp/mimi/

↓↓ 「林先生の初耳学」特集ページはこちら! ↓↓

「林先生の初耳学」WEB特集

関連番組

関連人物