大場美奈、“松井珠理奈卒業シングル”は「見送る側として寂しい気持ちはやっぱりあります」<SKE48「恋落ちフラグ」インタビュー>

2021/02/02 06:00 配信

アイドル

新曲「恋落ちフラグ」について大場美奈、古畑奈和、野島樺乃(写真左から)にインタビュー
新曲「恋落ちフラグ」について大場美奈、古畑奈和、野島樺乃(写真左から)にインタビュー撮影=武田真由子

2月3日(水)に27枚目のシングル「恋落ちフラグ」をリリースするSKE48。同作は現メンバー唯一の1期生・松井珠理奈の卒業シングルで、表題曲には全メンバーが参加している。

今回はチームSの野島樺乃、チームKIIの大場美奈古畑奈和にインタビュー。ナゴヤドーム(※2021年よりバンテリンドーム ナゴヤに改称、以下同)で行われたMV撮影や歌のポイント、さらに2021年にやりたいことなどを聞いた。

野島「“THE SKE48”って感じの曲だなって思います」


――曲が届いて、最初に聴いた時はどんな感想でしたか?

古畑:イントロからすごく明るい曲だったので、珠理奈さんが笑っている顔が思い浮かびました。やっぱり珠理奈さんといえば、太陽みたいな明るくキラキラした笑顔っていうのが私のイメージとして強かったので、最後に珠理奈さんの笑顔を見て卒業を見送れるというのはすごくうれしいなって思いました。

大場:メロディーがめちゃめちゃ耳に残りやすいなって思いました。卒業シングルだから歌詞はしんみり見送るような内容かなってみんな思っていたんですけど、ガラッと違って。逆にそれも、これだけ明るく楽しく踊ってるおじゅり(松井)を見ると、これが見られなくなっちゃうんだっていう感覚になって、見送る側として寂しい気持ちはやっぱりありますね。

今回は“バイバイダンス”っていう振り付けがあるんですけど、これからのおじゅりに対して「バイバイ、頑張ってね」っていうさよならの思いと、「これからも頑張ってね」っていう両方の気持ちがこもっているので、ファンの皆さんもこの「恋落ちフラグ」を聞いて、全力で楽しんでるおじゅりを見て寂しい気持ちもあるかもしれないけど、頑張ってねって気持ちを込めて楽しく聴いてほしいなって思いますね。

野島:曲調も明るいですし、みんなが楽しんで踊りやすい歌で、ファンの方たちとSKE48らしく盛り上がれる曲なんじゃないかと思うので、ライブで披露するのが楽しみです。個人的には“THE SKE48”って感じの曲だなって思います。制服タイプの衣装もそうなんですけど、歌詞も切ないラブソングだったり、MVはいろんなチームに分かれて、クールとかカワイイとかいろんな表情が見られたり、ポイントがたくさんある楽しい曲だなって思います。

――MVはチームごとに名古屋の各地で撮って、全員のダンスシーンはナゴヤドームで撮影したとうかがっていますが、撮影はいかがでしたか?

野島:ナゴヤドームで、全員でサビの部分を踊ったときは、今までの撮影ではないくらいすごく細かく立ち位置の指示がありました。私たち自身も撮りながら(人数が多くて)どうなっているか分からなかったので、MVの完成がとても楽しみで。こういうMV撮影はなかなかないので、印象に残る撮影だったなって思います。

大場:私の周りは結構若手の後輩も多かったんですけど、みんなすごく楽しいって言ってました。ナゴヤドームは私たちもイベントとかでは行かせてもらっている場所ですけど、MVをあんなに広い所で撮ることってなかなかないので、照明が撮影用にカラフルになっていたり、全部が今回のMV仕様になっているのを見て、すごいなって思いました。

後輩たちも「シングルの表題曲ってこんなすごいんだ」ってことを体感して、みんなテンションが上がっていましたね。みんなで「ここのダンス間違えそうで怖いね」とか言い合ったりしているのも楽しかったです。9期の赤堀(君江)とかは、めちゃめちゃイケイケでやってました(笑)。

古畑:ナゴヤドームの広さに感動しました。やっぱりここって広いんだなって改めて感じて。下が(人工)芝だったんですけど、なかなか踏めないだろうなと思ってずっとしゃがんでました。今のうちに芝の感触を覚えておこうと思って(笑)。それくらい私はナゴヤドームに喜んでましたね。

SKE48 27thシングル「恋落ちフラグ」
2月3日(水)発売
【価格】1676円(税込)


◆ニコニコチャンネル「SKE48×ザテレビジョン」との連動連載がスタート◆

SKE48×ザテレビジョン 特集


◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆
アイドルニュースまとめ

関連人物