川口春奈“帰蝶”を演じ「自信と誇りをもてた」父・道三に代わり光秀を導く…<麒麟がくる>

2021/01/30 12:10 配信

ドラマ

川口春奈が“帰蝶”の気持ちを語る
川口春奈が“帰蝶”の気持ちを語る(C)NHK


長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)にて、帰蝶を演じる川口春奈が第43回の放送へ向けてコメントを寄せた。
1月31日(日)に放送される第43回では、信長(染谷将太)は、己の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする。その責任者を命じられた光秀は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。
病の療治のため京にやってきた帰蝶(川口春奈)に、光秀(長谷川)は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねるという場面が描かれる。これまで、信長(染谷将太)に対し助言やプロデュースするかのような発言をしてきた帰蝶。父・道三(本木雅弘)に代わり、帰蝶はどのような答えを光秀にするのかが見どころだ。

川口は、帰蝶の役どころを「帰蝶が生きた時代は本当に激動の時代です。父・道三の思いや、自分がやらなくてはいけないという宿命を背負い、時に手段を選ばないときもありましたが、帰蝶は最後まで強い信念を持ち、かしこくてパワフルな女性だったと思います」と振り返った。

そして、続けて川口は「これまで信長を支えてサポートしたり、プロデュース的なこともしてきましたが、帰蝶もただ単に『あいつを討てばよい』と言っているわけではなく、その裏側にはどのような思いがあったのか、ご覧いただいている方に最後まで伝わるとうれしいです」と明かした。

川口は同作出演への思いを「『麒麟がくる』で帰蝶の役を演じることができて、自信と誇りをもてたと同時に、この物語の中に少しでも携わることができたことは奇跡だなと思っています」と喜びのコメントを寄せた。

さらに、川口は「第43回は、光秀と帰蝶のやりとりが描かれます。とてもせつない身の引き方となりますが、明るい未来への希望を忘れず、帰蝶らしく十兵衛に自分の思いを伝えたんだと思います。とても素敵なシーンになっていると思います」と見どころを語った。

帰蝶(川口春奈)に「道三ならどうしたか」と尋ねる光秀(長谷川博己)
帰蝶(川口春奈)に「道三ならどうしたか」と尋ねる光秀(長谷川博己)(C)NHK

第43回(1月31日[日]放送)のあらすじ

もはや己の言いなりにならない正親町天皇の譲位を強引に進めようとする信長。その責任者を命じられた光秀は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。
病の療治のため京にやってきた帰蝶に、光秀は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねる。すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってくる。


大河ドラマ「麒麟がくる」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

関連番組

関連人物