ゆうたろう&板垣李光人、キュートなラジオDJ役を「自分と役の狭間にいるような…」<ツナガレラジオ>

2021/02/06 11:00 配信

映画

画「ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜」(2月11日・木公開)で、人気のラジオDJコンビとして登場するゆうたろうと板垣李光人
画「ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜」(2月11日・木公開)で、人気のラジオDJコンビとして登場するゆうたろうと板垣李光人撮影=倉持アユミ/ヘアメイク=車谷結(do:t)/衣装協力=A'GEM/9、.KOM(パワー・ボム)

ニッポン放送のインターネットラジオ“オールナイトニッポンi”で配信されている番組「おしゃべや」から誕生した映画「ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜」(2月11日・木公開)。二人一組で番組のパーソナリティを務める10人の若手俳優がスタジオを飛び出し、“ラジオ”と“人との繋がり”をテーマにしたオリジナルストーリーを、往年のJ-POPカバー曲とともに紡ぐハートウォーミングな作品だ。

「おしゃべや」でもタッグを組むゆうたろうと板垣李光人は、今回の映画化に驚いたというが、劇中では人気のラジオDJコンビとして登場。2人に今作の撮影秘話と見どころを語ってもらった。

自分と役の狭間にいるような不思議な感覚でした(ゆうたろう)


――台本を読んだ感想はいかがでしたか?

板垣:最初、ラジオってだけのコンテンツのものを、どうやって映画にするんだろう?という気持ちがありました。でも、実際に台本を読んでみて、(パーソナリティを務める)この10人の繋がりや、ラジオで起きていることだけじゃなく、もっと広い意味での人との繋がりが、ラジオという一つのテーマを通して描かれているなって。いい意味で、思っていたのと違うように感じました。

ゆうたろう:ラジオがインターネットラジオになり、インターネットラジオが映画館のスクリーンで観られるっていう進化の過程を、全部自分たちでできるっていうのがうれしくて。それに、同じ番組のパーソナリティを務めているとはいえ、これまで他のペアとはあまり交流がなかったんです。
それが今回の映画で初めて皆さんにお会いして、本当に台本に描かれているキャラクター通りというか。監督も実際に収録を見に来てくださっていたので、すごくそれぞれのキャラクターに寄せた台本になっているなと思いました。僕たちもたいした役作りはしてないよね?(笑)。

板垣:そうそう(笑)。自然に演じていました。

ディジェ(ゆうたろう)&セルガ(板垣李光人)
ディジェ(ゆうたろう)&セルガ(板垣李光人)(Ⅽ)2021「雨降ラジオ」製作委員会

――ゆうたろうさんはディジェ、板垣さんはセルガという役を演じていますが、ご自身に近い感覚ですか?

ゆうたろう:そうですね。いつもは演じるとなったら自分を捨てて役に集中するんですけど、今回は自分とディジェの狭間にいるような感覚で。心地いいような、心地がよくないような、不思議な経験でした(笑)。

板垣:僕が演じたセルガも美容が好きだったり、自分と近しいところもあったので、僕もゆうたろうくんと同じような感覚で演じていました。

映画「ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜」
2021年2月11日(木)公開
監督=川野浩司/脚本=藤咲淳一
出演=西銘駿、飯島寛騎、阿久津仁愛、井阪郁巳、橋本祥平、深澤大河、ゆうたろう、板垣李光人、立石俊樹、醍醐虎汰朗、田中真弓(特別出演)、イッセー尾形

↓↓ゆうたろうのキュートなグラビア写真はこちらでも多数配信中↓↓

ゆうたろうのかわいい画像一覧