岩田剛典、人生初!108本のバラの花束に驚き「すごいズッシリ! 予想以上に重いですよ」

2021/02/05 05:15 配信

ドラマ

主演の岩田剛典とヒロイン・松井愛莉

主演の岩田剛典とヒロイン・松井愛莉

2月4日、映画×dTVドラマ「名も無き世界のエンドロール」のW大ヒット記念舞台あいさつが、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、岩田剛典松井愛莉佐藤祐市監督が登壇した。

「名も無きエンドロール」は、行成薫の同名小説を映像化した作品。何よりも強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのし上がり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが、実はそれが日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった…。

登壇した岩田は「公開されてからたくさんの反響を頂きまして、本当に感慨深い思いでいっぱいです。今日は最後の舞台あいさつになるので思う存分、映画についてお話できればと思います」とあいさつ。

ドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜」は、映画のエンディングから半年後の世界を描いた作品で、松井はマコトと意外なつながりを持つ謎の女性・ミチル役で出演。「まず、お客さんを目の前にして、すごく私は感動しています!」と松井もお客さんの前でイベントができることの喜びを伝えた。

1月29日公開ということで、この会場の観客の中にリピーターも多かった。岩田は「友人からもメールをもらったりしましたし、映画サイトのレビューも見せてもらって、ご覧になった皆さん、それぞれに全然違う感想が出てくるんだなって。そういうところも作品の魅力として感じました。こういうリアクションが返ってくるんだなって、日々すごく楽しいです」と反響の良さを笑顔で語った。

映画の感想を聞かれた松井は「すごく深いなぁって思いました。のちにいろいろ考えさせられました。3人の絆が強いからこそ切なくなるんだなって胸が締め付けられる思いでした」と答え、「映画を見てからドラマを見ると、セリフが重なるところがあったり、人のセリフをより深く感じることができます。そこに注目して見ていただいたらさらに面白くなるんじゃないかなって思います」とドラマ版の見どころも話した。

dTVオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜」
dTVで独占配信開始中

原作・原案=行成薫/総監督=佐藤祐市/監督=菊川誠/脚本/相馬光
出演=岩田剛典、新田真剣佑、松井愛莉、山田杏奈、石丸謙二郎、金子ノブアキ、柄本明ほか
主題歌=須田景凪「ゆるる」

【公式ホームページ】https://namonaki.jp/dtv/
【公式Twitter】@namonaki2021
【公式Instagram】http://instagram.com/namonaki2021

◆【動画配信サービス】最新情報はコチラ◆

動画配信サービス徹底比較

関連番組

関連人物