お菓子メーカー『ロッテ』で理想の味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さんに密着<セブンルール>

2021/02/09 16:00 配信

バラエティー

チョコレート研究員・村松美紀さんの“セブンルール”とは
チョコレート研究員・村松美紀さんの“セブンルール”とは(C)カンテレ

2月9日放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、埼玉県さいたま市にあるロッテ浦和工場の敷地内にある中央研究所で、理想の味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さんに密着する。

研究員になれるのは2400人のうち5人


村松さんは、入社以来「パイの実」「コアラのマーチ」「トッポ」などの人気商品に携わり、2年前からはチョコレート売り上げナンバーワンブランドの「ガーナ」を担当している。50年以上の歴史を持つ看板商品の研究員になれるのは2400人を超える社員のうち、たったの5人。彼女は、現在25種類の商品が展開される「ガーナ」チームで部下4人を束ねるリーダーを務め、味の改良や新商品の開発など、すべての味作りを任されている。

東京・町田市出身の村松さんは、幼少期から児童合唱団に所属し、オペラ歌手を夢見ていた。オペラコンクールで入賞するほど打ち込んでいたが、理系の東京工業大学・大学院では建築を学んだ。多才な彼女が選んだのは、子どもの頃から大好きだったチョコレートを作る仕事。村松さんは「自分が辛かった時も楽しかった時も、チョコレートがそばにあった。私も誰かの人生に欠かせないものづくりがしたい」と語った。

ロッテに入社後は、グループ会社であるポーランドの老舗チョコレートメーカーで、日本人初の研究員として海外赴任を経験するなど、華やかな経歴を歩んできたかのように見える彼女だが、仕事につまづき「自分自身がここにいる意味ってなんだろう」と追い詰められ、悩み抜いた過去を告白。

今回、ガーナの新商品開発現場にカメラが密着。研究チームのメンバーが日々新たな味を模索し、イメージを具現化させていく姿や、チョコレートへの愛情、「味覚」を維持するための努力を映し出す。

半年以上かけて準備したバレンタイン向けの新商品、いちごパウダー入り「ガーナピンクチョコレート」の味は、所長の最終チェックに合格できるのか。「自分の経験を活かせる場所があるなら、いくらでも自分を使って欲しい」と語るチョコレート研究員・村松さんの7つのルールに迫る。

「セブンルール」
毎週火曜夜11:00-11:30
フジテレビ系にて放送

出演=青木崇高、尾崎世界観、長濱ねる、YOU
ナレーション=小野賢章
【HP】https://www.ktv.jp/7rules/
【Twitter】@7rules_ktv
【Instagram】@7rules_ktv

TVer「セブンルール」

関連番組

関連人物