<麒麟がくる>光秀と信長の深まる溝、壮絶な松永の最期、そして“本能寺の変”… 総集編第3回、第4回の見どころを紹介!

2021/02/23 08:00 配信

ドラマ

「麒麟がくる」総集編が放送!第3回、第4回の見どころを紹介!
「麒麟がくる」総集編が放送!第3回、第4回の見どころを紹介!(C)NHK


長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)の総集編が2月23日(火)に放送される(昼1:05-2:00ほか、NHK総合ほか※中断あり)。同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。語りを川口春奈が務め、川口が演じた織田信長の正室・帰蝶目線で物語を振り返る。

第3回「新幕府編」場面写真
第3回「新幕府編」場面写真(C)NHK


第3回「新幕府編」(昼3:05-4:20ほか、NHK総合ほか)では、光秀と信長(染谷将太)は、足利義昭(滝藤賢一)と共に上洛を果たす。晴れて将軍奉公衆に取り立てられた光秀が見たものは、摂津春門(片岡鶴太郎)らが支配する旧態依然とした悪しき慣習がはびこる幕府の内幕であった。

第3回「新幕府編」場面写真
第3回「新幕府編」場面写真(C)NHK


新興勢力である信長を敵視する朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)らの不穏な動きに、信長は正親町帝(坂東玉三郎)から勅命を受けることに成功、朝敵として越前攻めに乗り出す。朝倉をかくまった比叡山延暦寺の焼き討ちを目の当たりにし、義昭ら幕府は信長を危険視。
義昭と信長の溝は深まり、ついに義昭は信長に対して挙兵することを決心する。しかし、頼りにしていた武田信玄(石橋凌)の死をきっかけにあえなく敗北し、京から追放されるのだった。

大河ドラマ「麒麟がくる」総集編
2月23日(火)
NHK総合※中断ニュースあり
第1章「美濃編」昼1:05-2:00
第2章「上洛編」昼2:00-3:00
第3章「新幕府編」昼3:05-4:20
第4章「本能寺編」昼4:20-5:35

NHK BS4K
第1章「美濃編」昼1:05-2:00
第2章「上洛編」昼2:00-3:00
第3章「新幕府編」昼3:00-4:15
第4章「本能寺編」昼4:15-5:30

関連番組

関連人物