沢村一樹演じる庶民派検事が被疑者の心を解きほぐす!「諦めないで頑張ろうというメッセージが伝われば」

2021/02/26 05:00 配信

ドラマ

沢村一樹主演、そして矢本悠馬、市川猿之助らが出演するドラマスペシャル「東京地検の男」が3月24日(水)に放送される

沢村一樹主演、そして矢本悠馬、市川猿之助らが出演するドラマスペシャル「東京地検の男」が3月24日(水)に放送される

沢村一樹主演、検察を舞台にしたドラマスペシャル「東京地検の男」が3月24日(水)、テレビ朝日系で放送されることが決定。沢村、そして共演の矢本悠馬、市川猿之助が見どころなどを語った。

「東京地検の男」は、先入観をもたずに被疑者と向き合う、正義感の強い、だが少し変わり者の検事が1mmの違和感も見逃さず、絶対に諦めない執念で事件の真相を追い求める姿を描く“新時代の検察ドラマ”。

沢村が演じるのは、東京地検の検事・東丸信助。父親や兄と同じ弁護士になるのが当然の生き方だと思い込んでいたが、ある時“本当に自分は弁護士になりたいのか!?”と疑問を感じたことで司法試験をあっさり断念、スーパーに就職したという一風変わった経歴を持っている。

たまたま遭遇した、ある出来事をきっかけに検事の道を志した東丸は、毎日元気にあいさつするなど、スーパーで働いていたときに培った“普通の”感覚を忘れない庶民派検事。そんな東丸の誠実な態度が、かたくなな被疑者の心を解きほぐしていく。

話が長い、話題がコロコロ変わる、そして捜査に没頭すると人の都合なんてお構いなしという、超マイペースな変わり者・東丸を演じるに当たり、「“愛らしい”イメージは崩さず、ちょっとオタクな感じにしてみました。東丸のオタクっぽく突出した一面は“諦めないところ”。七転び八起きという言葉のように“8回までは失敗してもへこたれない人”というイメージで演じました」と語った沢村。

この言葉通り、東丸は「検察は最後の砦」という信条の下、決して諦めることなく事件の真相を追い求めていく。

矢本は、検察でのキャリアが自分より浅い“後輩”東丸とコンビを組んで2年になる検察事務官・桐野圭太役。淡々と仕事をこなすイマドキの若者・桐野を演じるに当たり、矢本は「1つの事件に対してきちんと向き合っている時もあれば、『めんどくせーな』と感じている時もある、1番“人間っぽい”キャラクターだと思います」と分析する。

そんな桐野が、マイペースな言動を繰り返す東丸をクールにあしらいつつも、結局は振り回されるはめになるという、思わずクスッと笑える2人のやりとりも展開していく。

そして、度を超したマイペースぶりを発揮する変わり者検事・東丸と並び、本作に降臨する強烈なキャラクターが特捜部のエリート検事・三枝浩一。東京地検の花形部署・特捜部のエースで、次期特捜部長の座を狙う三枝を、猿之助が演じる。

庶民派検事・東丸と対比する役柄となれば、三枝は“マジメでクールなエリート”というのが定番だが、本作ではその予想をいい意味で大きく裏切る。

猿之助の「型にハマッても面白くないので、本来ならクソマジメな人物になるところなんですが、東丸とはちょっと違うおちゃめな面も出してみました。僕がやるならお約束には当てはまらないようにしたいと思い、キャラクターがどんどん変わっていった」という言葉通り、撮影現場でどんどん三枝のキャラクターが構築されていった。

東丸が担当する事件と、三枝が着手した事件が思わぬつながりを見せることで、2人は激しい火花を散らすことに。しかし、ひょんなことから2人は共通の大きな“敵”に向かっていくことになり、強烈なキャラクターたちの“チーム感”が生まれる。

また、事件の関係者にも個性と実力を兼ね備えた豪華俳優陣が集結。被疑者として誠実な検事・東丸と出会ったことで、自供を覆して戦うことを決意する洋食店の経営者・山岡誠二を平岳大、その洋食店の店員で何やら秘密を抱えていそうな田所美香を星野真里が演じる。

東京高等検察庁の検事長・大川克彦役に羽場裕一、特捜部のエース・三枝が着手する贈収賄事件のターゲットとなる衆議院議員の秘書役に野間口徹岡田浩暉が決定。実力派キャストたちが、事件の真相を追う東丸の前に時に威圧的に、時に怪しく立ちはだかる。

さらに、富田靖子は明るく元気に東丸を支える妻・東丸恭子役。東丸が恭子との何げない会話から事件のヒントを得ることもある。

ドラマスペシャル「東京地検の男」
3月24日(水)夜8:00-9:48
テレビ朝日系にて放送

関連人物