閉じる

<初耳学>YOASOBI・Ayaseが挫折経験を告白「『しっかり失敗したな』という自覚はすごくあった」

2021/03/14 23:10

「林先生の初耳学」でYOASOBI・Ayaseが挫折の過去を告白した
「林先生の初耳学」でYOASOBI・Ayaseが挫折の過去を告白した (C)MBS

デビュー曲「夜に駆ける」が大ヒットした二人組音楽ユニット・YOASOBIが、3月14日放送の「林先生の初耳学」(TBS系)に出演。ボーカルのikuraは「人生で一番のプレッシャーだった」という「第71回NHK紅白歌合戦」(2020年、NHK総合ほか)での歌唱エピソードを、コンポーザーのAyaseは「調子に乗っていた」というバンド時代を語った。

「ゾーンに入った」紅白歌合戦


ストリーミング再生回数4億回越え、音楽チャート1位獲得と、2020年を代表する楽曲の一つとなった「夜に駆ける」。YOASOBIはこの曲で「紅白歌合戦」にも出場した。この歌唱がYOASOBIにとって、「夜に駆ける」のテレビ初歌唱だったという。

当日は「人生で一番のプレッシャーでした」とikura。「紅白歌合戦に向けて作った歌詞カードには、真っ黒になるぐらいびっしり一つ一つのニュアンスを書きました。『ミスしちゃってもそれが私の実力だ』と思えるぐらいには練習しました」という言葉からも、気合のほどがうかがえる。

「記憶がないくらいにゾーンに入っていたというか、不思議な感覚で『紅白歌合戦』で歌わせていただいて。100点ではなかったですけど100%では歌えた自信があります」と振り返ったikuraに、林先生は「それ、いいですね。受験に行く生徒に使わせてもらっていいですか?」と感嘆しきりだった。

「ひたすら、もうひたすら調子に乗っていた」


自身もかつてバンドでボーカルを務めていたAyaseは、「歌いたい気持ちはずっとあります。ですが、YOASOBIでは僕が同じラインに立って歌うということはないですね。ボーカルはikuraなので」ときっぱり。

16歳から9年間ほど、バンドのボーカルとして歌っていたAyase。当時を「ひたすら、もうひたすら調子に乗っていた」と表現し、「誰にも負けるわけない、むしろすごく売れている大物アーティストの人のこともライバルとして見えてなきゃダメでしょ、と思っていました。でも、『どうやったら売れる?』『どうやったら人に見てもらえる?』ということには、頭をほぼ使っていなかった」と当時の自分を厳しい目で見つめた。

「林先生の初耳学」
毎週日曜夜10:00-10:54
TBS系で放送
公式サイト:https://www.mbs.jp/mimi/
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCY6UMp-CCaztcG-Ui5OVXXA

↓↓ 「林先生の初耳学」特集ページはこちら! ↓↓

「林先生の初耳学」WEB特集

画像一覧
5

関連番組

林先生の初耳学

出演者:林修 大政絢 

関連人物

  • 林修

  • YOASOBI

関連ニュース

  • 渡辺直美、今後の決意を初告白「コメディー映画に主演して賞を取る!」<初耳学>

    2021年2月28日22:55
  • 林修、21歳ニート青年に敗北宣言「あの天才を動かすだけのものが自分にはなかった」<初耳学>

    2021年2月21日22:55
  • ダルビッシュ有が初告白! 昨季「これでサイ・ヤング賞はなくなった…」と思った瞬間<初耳学>

    2021年1月24日23:10
  • ROLAND“どん底”からの転機を告白「ちょっと強気な接客にシフトチェンジできて…」<初耳学>

    2021年1月17日23:20