閉じる

人生全てを女優として生きる安達祐実という“全身女優”【てれびのスキマ】

2021/03/16 19:07

安達祐実
安達祐実 ※ザテレビジョン2021年撮影

2020年春、10年ぶりの連ドラ主演作となる「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京ほか)で安達祐実が演じた役は安達祐実本人だった。それは人生を“女優・安達祐実”として生きてきたと言っても過言ではない彼女にとって、象徴的な役なのかもしれない。

「家なき子」で“天才子役”として脚光を浴びる


38歳の彼女の芸歴は36年。2歳で雑誌のモデルとしてデビューし、以後、子役としてCMやドラマなどに出演した。当時のお小遣いは「ドラマ1本200円、取材受けると10円とか、映画をやると500円」などと決まっていたという(TOKYO MX「5時に夢中!」2014年10月31日)。そんな中、ハウス食品「咖喱工房」のCMでの「具が大きい」というフレーズでブレーク。

12歳の時には、「家なき子」(1994年、日本テレビ系)の主演に抜擢された。30%を超える視聴率を叩き出し、彼女の「同情するなら金をくれ!」というセリフは流行語に。“天才子役”として脚光を浴びた。

だが、この栄光と引き換えに彼女は苦しめられることになる。中学に入学した月から放送が開始されたため、クラスメートはまずドラマのイメージで彼女を知ることになった。だから、ドラマでのイジメを学校でも受けてしまう。さらに国民的ドラマだったゆえに、街ですれ違っただけの人に悪口を言われたり、突然、頭をはたかれたりもしたという。

苦しみは実生活だけではない。女優としても、10代の頃は、どの現場に行っても「お前は何やっても『家なき子』に見えるな」と言われてしまう。

画像一覧
1

関連番組

捨ててよ、安達さん。

出演者:安達祐実 川上凛子 西村晋弥 

家なき子

出演者:安達祐実 田中好子 内藤剛志 保坂尚輝 米山善吉 水野真紀 新藤恵美 塚本信夫 京本政樹 

主に泣いてます

出演者:菜々緒 中丸雄一 草刈麻有 高泉淳子 加藤諒 

関連人物

  • 安達祐実

  • てれびのスキマ

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第7回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • フレッシュ美男美女特集

    貴島明日香が登場!フレッシュ美男美女特集

  • 第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票受付スタート!第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

    大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

  • 特集:クリエイターズ・ファイル

    #76 “宙吊り王子”霧島天介が登場!特集:クリエイターズ・ファイル

  • 「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

    個展に向けたアート&エッセイ連載始動!「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

もっと見る