山崎育三郎、瀧本美織、市原隼人が挑む“ドロキュン”劇場開幕「人の欲に溺れた滑稽な姿を楽しんでください」

2021/04/02 07:00 配信

ドラマ

「奪い愛、冬」(2017年)、「奪い愛、夏」(2019年)、「M 愛すべき人がいて」(2020年)に続き、鈴木おさむが手掛ける“クレイジー”な恋愛ドラマ「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)が4月2日(金)、9(金)の2週にわたって放送される。

本作は5人の男女が繰り広げるいびつな激愛の模様を描くストーリーで、主演は山崎育三郎。山崎が演じるエリート心臓外科医・光男は、婚約者の前にかつて彼女が思いを寄せた男性が現れたことで猛烈な嫉妬心を募らせていく役どころ。その婚約者・秀実を瀧本美織が、秀実がかつて思いを寄せていた先輩・信彦を市原隼人がそれぞれ演じる。

今回は、山崎、瀧本、市原にインタビューを実施。強烈なキャラクターが勢ぞろいのドラマ撮影の舞台裏や、本作が初共演だという3人が思うお互いの素顔などを語った。

全てのエンターテインメントが詰まっている作品(山崎)

2週連続ドラマ「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)
2週連続ドラマ「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)撮影=富田一也


――鈴木おさむさんは強烈なストーリーのドラマを数多く手掛けていますが、今作のストーリーの印象はいかがですか?

山崎:鈴木おさむさんの描く世界はすごく面白くて、台本をいただいたときはあっという間に読み切ってしまいました。ラブストーリー、サスペンス、コメディー、アクション、涙…と、いろんな要素が盛り込まれているので、全てのエンターテインメントが詰まっている作品なんだなという印象でした。これをどうやってドラマで表現するのかなとすごくワクワクしましたし、自分はどう演じ切ろうかなとやりがいを感じました。

瀧本:昼ドラっぽいドロドロ感がおかしな方向に進んで行く、奇想天外なお話です。「奪い愛、冬」「奪い愛、夏」と見させていただきましたが、今回はまた新たなキャストで、どんなふうになるのか想像がつかなくて。一緒にやってみないと分からないんだろうなと思っていました。クランクイン前は、本当にワクワクしていたのを覚えています。

市原:テレビ朝日のこの枠と鈴木おさむさんが徒党を組み“パンドラの箱”を空けてしまったなと。問題作ですよ(笑)。ジェットコースターのような、どう着地するかが全く分からない挑戦的な作品なので、その躍動感とか緊張感が、演じていてたまらなく楽しかったです。

2週連続ドラマ「殴り愛、炎」
【前編】4月2日(金)夜11:15-0:15ほか
【後編】4月9日(金)夜11:15‐0:15ほか
テレビ朝日系

▼2021年4月期の春ドラマ一覧はこちら▼

【春ドラマまとめ】2021年4月期の新ドラマ一覧

関連番組

関連人物