<華麗なる一族>吉岡里帆が内田有紀の迫力にまさかの号泣!? 「忘れられない恐怖の時間となりました(笑)」

2021/04/08 12:01 配信

ドラマ

4月18日(日)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW 華麗なる一族」。このほど、本作の記者発表会見が行われ、主演を務める中井貴一の他、総勢11人のキャストが一同に集結した。その会見の模様を3回に分けてレポート。ラストとなる今回は、大介の娘たちや閨閥結婚のため“万俵家”の一員となったキャスト陣のコメントを紹介する。

【写真を見る】万俵家の秘密を知ってしまった万樹子に襲いかかる相子の“空気”の正体は?
【写真を見る】万俵家の秘密を知ってしまった万樹子に襲いかかる相子の“空気”の正体は?


これまで度々映像化されてきた山崎豊子の同名小説を、WOWOW開局30周年記念の一環として制作する本作。大阪万博を間近に控えた高度経済成長期の関西を舞台に、富と権力獲得の手段として関西の政財界で閨閥を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、“華麗なる一族”の繁栄と崩壊を描く。

そんな中、今回は万俵大介を演じる中井貴一を筆頭に、万俵鉄平役の向井理、高須相子役の内田有紀、万俵銀平役の藤ヶ谷太輔、万俵寧子役の麻生祐未、安田万樹子役の吉岡里帆、万俵二子役の松本穂香、美馬中役の要潤、万俵一子役の美村里江、万俵早苗役の笹本玲奈、万俵三子役の福本莉子という“万俵家”の豪華なキャスト陣が登壇した。

中井&内田の“強さ”に松本穂香が戦いを挑む!

万俵二子を演じた松本穂香は、「出ている私でも『面白いな』と思うようなシーンがたくさんありました」と第1話の感想を
万俵二子を演じた松本穂香は、「出ている私でも『面白いな』と思うようなシーンがたくさんありました」と第1話の感想を


万俵家三姉妹の長女・一子を演じた美村里江は、「一子は大変保守的な役で、『何だか変だな、本当にそれでいいのかしら』と思いながらも(大介に)言われるがまま嫁いでいったんですが、二子や三子はすごく現代的な風の入ってきた女性で(一子とはタイプが違う)。

三姉妹が揃うシーンは家族の法事のシーンなどが多くて、密になってしまうので会話もなかなかできなかったんですけど、(妹役の)二人が本を読まれていたので、撮影の最後の方にちょっと読書の話とかができたのはうれしかったですね」と、空き時間での様子を交えて告白。

次女の二子を演じた松本穂香は、「二子という女性はとても芯があって、自分の気持ちに正直な人なので、自分の意志に反する閨閥結婚にあらがっていくんですが、私自身はそこまで芯がまっすぐしていないというか、ちょっとふにゃふにゃしているところがあって。

相子さんやお父さまと対立するシーンが結構あったんですけど、(演じた)中井さんも内田さんも“強い”ので、とにかく私自身『負けないようにしなきゃ、二子として強くいなきゃ』と思って、いつも全身に力を入れてふんばっていました」と、大先輩との“戦い”における心情を吐露。

福本莉子も「大学生なんですけど結構ガーリーな女の子」と語る三子の衣装にも注目
福本莉子も「大学生なんですけど結構ガーリーな女の子」と語る三子の衣装にも注目


三女・三子役の福本莉子は、「三子はこの家族の中で一番陽気な女の子かなと思います。思ったことをすぐ言っちゃう子なので、家族が言い争うような時に『そんなこと言う?』って思うようなせりふを言うので、福本的には『これ言って良いのかな?』みたいな葛藤はありました(笑)」と明かした。

また、家族の会話シーンでせりふとせりふの間を繋がなければならない際、監督からの要望で松本と福本がアドリブで演技をする場面もあったそうで、福本は「ちょっとした無茶ぶりみたいな(笑)。そこは結構悩みましたけど楽しかったです」と振り返った。

■「連続ドラマW 華麗なる一族」
2021年4月18日(日)スタート
毎週日曜夜10:00-11:00
WOWOWプライムにて放送
https://www.wowow.co.jp/drama/original/ichizoku/

■連続ドラマW 華麗なる一族/プロモーション映像(90秒)

関連番組

関連人物