閉じる

比嘉愛未、佐々部清監督への思い&結婚観を語る「出会いを大事にしたい」<Interview>

2021/04/15 06:30

映画「大綱引の恋」に出演する比嘉愛未にインタビュー
映画「大綱引の恋」に出演する比嘉愛未にインタビュー撮影:金澤正平

2020年3月に62歳で急逝した佐々部清監督が最後にメガホンを取った映画「大綱引の恋」が、5月7日(金)から全国で公開される。

鹿児島・薩摩川内で400年以上にわたって続く一大行事「川内大綱引」を題材とした今作。「川内大綱引」に青春をかけるとび職の青年・有馬武志(三浦貴大)と、韓国出身の研修医ヨ・ジヒョン(知英)との恋愛や、それを取り巻く家族模様を描く。

「佐々部監督の作品にずっと出演したかった」と話す比嘉愛未は、武志の妹・敦子を好演。佐々部監督との撮影の思い出や、役を通して感じたことなどを語ってもらった。

佐々部監督は「人間愛がすごい方でした」


――出演のオファーを聞いたときの心境を教えてください。

この作品の前に「本日は、お日柄もよく」(2017年、WOWOWプライム※全4話)の連続ドラマの主演を務めたことがあり、その時が佐々部監督との初めての出会いでした。でも、佐々部監督は映画監督なので、映画の方にもいつか呼んでいただけたらなと思っていたら、すぐに直接声を掛けていただけたんです。私は二つ返事で「お願いします」と喜んでお受けしました。

――佐々部監督はどんな方でしたか?

とにかく映画に懸ける愛情が深いのと、人間愛がすごい方でした。現場での立ち振る舞いだったり、一人一人に対しての向き合い方も全部ぶれないんですよ。「大綱引の恋」がまさにそうですけど、監督の「こういうのを撮りたいんだ!」って情熱が強いから、私たちも迷わないんです。役者さんだけではなくて、スタッフさんたちにも同じなので、その場で役として存在するだけでもう作品が出来上がっちゃうぐらいの引力。この人がいるから絶対大丈夫と思わせるぐらい、まさに愛に溢れている方でした。

――誰にでも真摯に向き合ってくれる方なんですね。

思ったことははっきりと伝えてくれる方です。例えば良かれと思って演じたことも、佐々部監督は「愛未、それ今演じ過ぎているぞ」って教えてくれるんです。しっかりとダメ出しもくださるし、良かったら良かったと仰ってくださるので、本当にうそがない方です。

映画「大綱引の恋」
5月7日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座ほか全国公開
出演:三浦貴大、知英
   比嘉愛未/中村優一、松本若菜、西田聖志郎、朝加真由美、升毅、石野真子
   金児憲史、金井勇太、伊㟢充則、安倍萌生、月影瞳、小倉一郎
   恵俊彰(友情出演)、沢村一樹(友情出演)
監督:佐々部清
企画・原案:西田聖志郎
脚本:篠原髙志
音楽:富貴晴美
主題歌:AI「Story」
配給:ショウゲート
公式サイト:https://ohzuna-movie.jp/
(C)2020映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

画像一覧
28

関連番組

大綱引の恋

関連人物

  • 比嘉愛未

  • 佐々部清

関連ニュース

  • 三浦貴大に中村優一がジェラシー「僕も頑張らなければとホテルで…」<大綱引の恋>

    2021年3月30日6:10
  • 比嘉愛未「感謝しかない」三浦貴大、中村優一ら佐々部清監督を偲ぶ<大綱引の恋>

    2021年3月30日6:05
  • 三浦貴大と知英が熱く抱き合う写真も…佐々部清監督渾身のラブストーリー「大綱引の恋」場面写真解禁

    2021年1月18日13:13