閉じる

伊沢拓司が「高校生クイズ」SPパーソナリティーに就任「この上ない幸せです」

2021/05/10 15:36

伊沢拓司が「第41回全国高等学校クイズ選手権」に、スペシャルパーソナリティーとして参加することが決定
伊沢拓司が「第41回全国高等学校クイズ選手権」に、スペシャルパーソナリティーとして参加することが決定 (C)NTV

クイズプレーヤーの伊沢拓司が、「第41回全国高等学校クイズ選手権」(日本テレビ系)に、スペシャルパーソナリティーとして参加することが決定した。

開成高等学校生だった2010年、2011年当時に大会連覇し、史上初となる個人連覇を果たしている伊沢。今回伊沢は、スペシャルパーソナリティーとして参加するにあたり、高校時代の思い出から、自身が考える今大会の対策法までを全国の高校生に向けて語った。

伊沢「この上ない幸せです」

――スペシャルパーソナリティ―就任のお気持ちは?

最初に思ったのは「帰って来たな」と。僕にとって、クイズでしっかりとテレビに出たのは高校生クイズが初めてでしたし、ここで勝つために高校時代を捧げてきたので、そういう意味では自分が青春を注いだものに後輩たちを応援させてもらえる立場で戻れたというのは、この上ない幸せですね。本当にありがたい限りですし、自分が卒業してからも応援しながらずっと大会を見続けてきました。

でも、私的に楽しんでいたので、自分が楽しんでいるところを目の前でみんなに見られるという恥ずかしさはちょっとありますね。クイズマニアとしての恥ずかしさというか、結構熱中してしまうタイプなので、「気を引き締めてやるぞ」という気持ちになっています。

――2010、11年大会を開成高校でチームとして個人として連覇しましたが、伊沢さんにとっての高校生クイズの思い出とは?

中学3年生ぐらいから自分にとっての高校生クイズは始まっていて、対策をして、仲間を集めて、大会に出て、優勝してということだったので、本当にいろんな思い出がありますね。努力も思い出ですし、やっぱりそこに集まった人たちの交流もすごく覚えていて、ホテルでみんなでワチャワチャと廊下で早押しクイズやったりとか、怒られるけど(笑)。

あとはそれこそ宿で浦和高校と次のラウンドを予想する会議したなぁとか、みんなでお弁当を食べて、だんだんと上のラウンドに行くに従ってお弁当がいいお弁当になっていったり、携帯でお弁当の値段を調べて、「あれはなかなか食べられるものじゃないぞ」みたいなこと考えたりとか、本郷のラーメン屋で他校のメンバーと長居したり…思い出は尽きないですね。今は仕事を一緒にしているメンバーにもその時出会ったメンバーが複数人いるので本当に自分にとって高校生クイズは原点ですね。思い出深い。

それ以降も「個人で連覇の人が出ないかな?」ってハラハラしながら見ていましたし(笑)、傾向の変遷を予想して、優勝校も予想して…みたいにずっと楽しんでましたね。毎年夏はソワソワしながらテレビの前にいました。10年ぶりといいつつ意外とそんな感じがしないのは、やっぱり毎年気にしてたからかもですね。

「第41回全国高等学校クイズ選手権」
5月10日より申し込みスタート

画像一覧
2

関連人物

  • 伊沢拓司

関連ニュース

  • 「鬼滅の刃」「進撃の巨人」「はたらく細胞」…アニメは学びの宝庫!「林修の今でしょ!講座」東大生ランキング第2弾

    2021年5月4日6:00
  • 伊沢拓司、ふくらPが“即興クイズラリー”披露!Snow Man阿部亮平も初参戦<いざわ・ふくらの解けば解くほど賢くなるクイズ>

    2021年4月30日15:29
  • クイズ王・伊沢拓司がクイズの答えをいち早く見つけるポイントを伝授<関ジャニ∞のジャニ勉>

    2021年4月6日12:46
  • 最後のテレビ出演!「東大王」鈴木光、ライバル伊沢拓司の言葉に涙…

    2021年3月23日18:46
  • 「東大王」卒業の鈴木光・林輝幸へインタビュー! 鈴木「人の温かさや、助け合うことの大切さを学べた4年間でした」

    2021年3月22日18:30