閉じる

中村倫也、役者人生の“暗黒期”は「生意気で世界の中心が自分だった」<初耳学>

2021/08/27 13:36

中村倫也が「インタビュアー林修」に登場
中村倫也が「インタビュアー林修」に登場 (C)MBS

中村倫也が、8月29日(日)放送の「日曜日の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、MBS/TBS系)に出演。林修が“時代のカリスマ”と1対1で対峙する企画「インタビュアー林修」に登場し、これまでの役者人生の知られざる苦労やターニングポイントについて語る。

“暗黒期”を抜け出すきっかけは、俳優・ムロツヨシ


2005年、18歳の時に「7人の弔」で映画デビュー。さらに同年「H2~君といた日々」でドラマデビューするなど、順調に役者人生を歩み出したかのように見えた中村。だが、デビュー2年目にして彼を待ち受けていたのは、自ら“暗黒期”と呼ぶ不遇の時代の始まりだったという。

当時の自分を「生意気で、世界の中心が自分だった」と語る中村。オーディションにも受からず、世の中を斜めに見て、人を信用することも出来ずにどんどん排他的になっていったという。そんな負のスパイラルから抜け出すことが出来たきっかけは、中村が“大恩人”と語る俳優・ムロツヨシの存在。中村を覚醒させ、生まれ変わるきっかけをくれたムロとのエピソードを明かす。

また、役者としての転機になった作品として、27歳の時に主演した舞台「ヒストリーボーイズ」(2014年)を挙げた中村。並々ならぬ覚悟で取り組んだと話す中村が、作品の演出家から言われ、今なお役者をやる上での指針になっているという大切な言葉を明かす。

さらに、“暗黒期”を抜け出した中村の人生に大きな影響を与え、現在のブレイクへと導いた尊敬する5人の名優・堤真一、古田新太、阿部サダヲ、八嶋智人、ムロとの秘話も語られる。

▼「日曜日の初耳学」特集ページはこちら!

「日曜日の初耳学」WEB特集


TVer「日曜日の初耳学」

magazine1
THE やんごとなき雑談
中村 倫也 (著)
KADOKAWA
発売日: 2021/03/18

画像一覧
4

関連番組

日曜日の初耳学

関連人物

  • 林修

  • 中村倫也

関連ニュース

  • V6、NEWS、中村倫也、内田篤人ら「オトナのオトコ」たちが集結!ビジュアル&インタビューで魅力を深堀り

    2021年8月11日12:22
  • 吉岡里帆、中村倫也は安倍晴明にピッタリと太鼓判!向井理への恐怖心も明かす

    2021年7月17日19:45
  • 向井理、“生意気だった”中村倫也との共演「刺激し合いたい」

    2021年7月17日19:30
  • 中村倫也、終盤の感動シーンに「あのセリフを言うためだけに僕はこの作品をやってます」<100日間生きたワニ>

    2021年7月10日20:00
  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

  • 岡崎紗絵のSaestagram

    「ナイト・ドクター」出演で話題!岡崎紗絵のSaestagram

  • 連載「Museの素顔」

    第1回は新井恵理那が登場!連載「Museの素顔」

  • 坂東龍汰の“推しごと”パパラッチ

    #2更新!坂東龍汰の“推しごと”パパラッチ

  • 映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」SP特集

    大ヒット公開中!映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」SP特集

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

もっと見る