閉じる

ジョイマン高木「再ブレイクは怖い」一発屋経験からの視点、今後の目標は“同じネタをやり続ける”

2022/04/09 08:30

ジョイマン高木晋哉
ジョイマン高木晋哉 ※ザテレビジョン撮影

お笑いコンビ・ジョイマン高木晋哉が、再ブレイクの足掛かりになったとも言えるTwitterの投稿をまとめた書籍「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」をこのほど出版した。高木によると、はじめのブレイク後に仕事が減り、巷で「一発屋」と呼ばれるようになった際には「最初は受け入れられなかった」との葛藤があったという。そんな高木は“一発屋”時代を乗り越え、現在は再ブレイク状態であるが、「消費されてしまうのが怖い」と本音を漏らし、「一回ブレイクを経験したからこそ、冷めた目で見ちゃう」と述べた。また、「今後も同じネタをやり続ける存在でいたい」と今後の目標を力強く語った。

「やけくそな気持ちで書いた」“ラップネタ”でブレイク「今に繋がっています」


――まずは今回の本のオファーが来た時、率直にどう思ったか教えてください。

「待ってました」という気持ちでしたね。Twitterの投稿は時が経てば経つほど埋もれてしまうものなので、僕としてはいつか形にしたいと考えていました。だから、すごくうれしかったです。

――ジョイマンさんといえばラップネタですが、そもそもラップネタが誕生するきっかけは何だったのでしょうか。

デビュー当時に「M-1」が始まった直後だったこともあって、最初は正統派漫才師に憧れていました。僕が台本を書いてオーソドックスな漫才をやっていたんですけど、ランキング形式の事務所のライブでなかなか結果が出ず、自分の感覚としてもしっくりきませんでした。
そこで、相方と新しい形を作ろうと考えたところ「もう、やだ」「こんなことやってても売れるわけない」と投げやりになり、最終的に「もう、歌いたい」という結論に至ったんです(笑)。その時にやけくそな気持ちで書いたラップネタを翌日披露したところ、すごくウケて。僕自身もその芸風がしっくりきて、今に繋がっています。

――ジョイマンさんは2008年にブレイクされましたが、きっかけは何だったのでしょうか。

「ぐるぐるナインティナイン」の「おもしろ荘」で初めてテレビに出させていただいたことがきっかけでした。僕は「ナインティナインのオールナイトニッポン」を聴いていたこともあって、ナイナイさんが憧れだったんですが、初めてのテレビでナイナイさんに会えちゃったんですよ。運命的なものを感じました。その後も、当時のショートネタブームの波に乗って、「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」など、多くの番組に出演させていただいたという感じですね。あの頃は1年間まるまる休みがなく、自分がどこにいるのかもわからないようなスケジュールでした。

――多忙な中、ネタはいつ書いていたのですか。

当時は寝ないで飲みに行ったりもしていたんですが、飲みに行かない日に相方と二人で夜通し書いていました。日々、ネタ番組用のネタ作りに追われていて、どこの舞台にもかけないままテレビの本番で披露するということを繰り返していましたね。常に脳内で韻を踏み続けて、頭おかしくなりそうでした(笑)。

仕事の急減も…芸人をやめなかった理由は「本当にTwitterがあったからかも知れない」


――しかしその後、2010年頃よりブームが去り、仕事が減ってしまいます。そんな2010年には、Twitterをスタートされています。

あの時はとにかく暇だったので、「露出しなきゃ」という思いがありました。そんな時に楽屋で「Twitterっていうのがあって、仕事に繋がるよ」とオリラジのあっちゃんが教えてくれて、その場にいる芸人仲間みんなで登録したんですよ。

――高木さんといえば「ジョイマン消えた」という投稿に対し、「ここにいるよ」と引用リツイートすることで知られています。このつぶやきを開始された理由は何ですか。

Twitterを使い出してエゴサーチをするようになり、ものすごい数の「ジョイマン消えた」「ジョイマンどこ行った」「ジョイマン死んだ」といった書き込みを目にしました。これをなにかに利用できないかと考え、「僕らのことを見失っているんだったら一人ひとりに思い出してもらおう、そのためにはこちらからアクションを起こさなくては」という気持ちで、引用リツイートで「ここにいるよ」と返答するようになったんです。

――苦境に立たされる中で芸人をやめなかったのはなぜでしょうか。

本当にTwitterがあったからかも知れません。Twitterが仕事で、唯一のメディア露出だと捉えていたので、何とかならないかなという思いがあったんですよね。

下に続きます
ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020 (ヨシモトブックス)
ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020 (ヨシモトブックス)
高木 晋哉 (著)
ワニブックス
発売日: 2022/03/17

画像一覧
22

  • ジョイマン高木晋哉
  • 【写真】カッコイイ…!舞台裏でスタンバイするジョイマン
  • 「池田エライザ 正座」ジョイマン高木のTwitterラップ集
  • ジョイマン高木のTwitterラップ集
  • いつもと違う表情…真剣な顔で見つめるジョイマン高木
  • ジョイマン
  • 「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ※「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」より
  • ジョイマン高木晋哉
  • ジョイマン高木晋哉
  • ジョイマン高木晋哉
  • 「ここにいるよ ジョイマン・高木のツイート日記 2010-2020」

関連人物

  • ジョイマン

    ジョイマン

  • 高木晋哉

    高木晋哉

関連ニュース

  • 苦しい時の経験から生まれたメッセージが、初著書に満載

    もう中学生「いろんな人の背中を押したい」、再ブレイクも初著書に込めた思い

    2022年3月25日8:30
  • 連載コラム「テレビお久しぶり」

    連載コラム「テレビお久しぶり」

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #8 「夏目友人帳」を語る=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

もっと見る