閉じる

ハロプロレジェンド・高橋愛&田中れいな&夏焼雅の“ガチ”コミックソング「歌唱力の無駄使いは嬉しい褒め言葉」

2022/04/21 08:30

「ラフ・アンド・ピース」をリリースする夏焼雅、高橋愛、田中れいな(左から)
「ラフ・アンド・ピース」をリリースする夏焼雅、高橋愛、田中れいな(左から) 撮影=橋本千尋

モーニング娘。OGの高橋愛田中れいな、Berryz工房の夏焼雅によるユニットが4月27日(水)にアルバム「ラフ・アンド・ピース」をリリースする。昭和名曲のオマージュやハロプロ研修生曲のカバー、高橋の夫・あべこうじ作詞のオリジナル曲などユニークな楽曲が揃ったコミックソング集だが、歌うのはハロプロ屈指の歌い手だった3人。彼女たちの本気の歌唱が“聴かせるコミックソング”という絶妙なギャップを生んでいる。改めて認識する3人の歌唱力だが、当人たちはどのような意識でこのアルバムに臨んだのか。聴きどころとともに、OGだからこそのアップグレードなどを聞いた。

「歌唱力の無駄使い」は褒め言葉


――今回のユニット活動の感想から教えてください。

高橋:私はこういう形でのユニット活動が卒業以来だったので、まずそれ自体が楽しみでした。誰かと一緒にレコーディングをしたり、MV(ミュージックビデオ)を撮るというのが本当に懐かしい感覚。だけど、れいなも雅も大人になっているので新たな発見もあり、それも楽しいですね。

田中:私はモーニング娘。卒業後はバンド(LoVendoЯ)での活動がありましたけど、ハロプロ出身ではないメンバーと一緒に活動をスタートしたので、目配せしてあげないといけない。その頃の私って、自分のことよりメンバーのことばかり考えていたんですよね。でもこの2人にはそういう気遣いは必要なく、どうやって“田中れいな”を出そうって、それだけを考えられるのが自由でいいなと思います。2人のパフォーマンスからは自分にない引き出しがたくさん見つかるし、今また新しい刺激を得られるのは嬉しいです。

夏焼:私はBerryz工房だったので、最初はモーニング娘。だった2人に入っていくイメージが全然湧かなくて。それはそれで楽しみでしたけど、一発目が「およげ!たいやきくん」だと聞いて、まさかの驚きですよ。「何をしていくの?」って。でも、いざ集まると年上のお姉さんたちと一緒にいるというのが新鮮で、気分はウキウキです。

――解禁一曲目が「およげ!たいやきくん」。予想外の曲に戸惑うファンの反応も多くありました。いい意味で「歌唱力の無駄使い」という声も。

高橋:たしかに、格好いい曲を歌いそうな3人なのに(笑)。

夏焼:それはそれで嬉しい褒め言葉ですよ。

高橋:今って、クスっと笑える瞬間が大切だと思うんです。本気でやるからこその面白さがこれで、「わさびじゃないのよ鰹は」なんて、歌が本気な分、歌詞のどうでもよさがまた笑っちゃうんですよね。

夏焼:本気なのにキメキメの曲が1つもない(笑)。

田中:でも、ガチでふざけた曲じゃない。私はただふざけているだけの曲は心から嫌なんです。このアルバムはちょうどいいくらいのおふざけで、だからやりがいがあるんですよね。

ステージに立ち続けるOGの意識


――以前ですとハロプロ卒業後はタレント活動に移るケースが多かったですが、今は変わらずステージに立つ方が増えています。「M-line Special 2022 ~My Wish~」(OGによる合同コンサート=MSMW)ではOGたちのスキルが話題ですが、アップグレードされた自分を見せるというのにどういうお気持ちで臨んでいますか?

高橋:私は卒業後あまり歌っていなかったのでアップグレードされているかは分からないですが、こうして活動すると、歌が好き、コンサートが好きというのを実感しますね。今は10年ぶりの感覚から、レベルアップの意識より楽しむ意識のほうが強いです。

高橋愛
高橋愛 撮影=橋本千尋


――歌い続けている田中さん、夏焼さんは?

田中:正直、モーニング娘。のときの私ってそういう意識があまりなくて、新曲がきても「がんばろ!」くらいの感じでした。でも、今は気持ちの入りが全く違くて、それはまずLoVendoЯでの活動がありますね。生バンドの音に消されない声の出し方を試行錯誤して、そこで低音がけっこう得意になり、その後の舞台、ミュージカルでは声が太くなっている自分がいて…みたいな感じで、引き出しが増えながらの活動だったんですよね。MSMW(※M-line Special 2022 ~My Wish~の略称)では後輩たちと並ぶことでもっと頑張ろうという気持ちにもなったし、それを経てのこのアルバムというのはとても大きいです。愛ちゃんからの刺激もすごいんですよ。一緒にお仕事をすると毎回違う愛ちゃんを発見できる。それって新しいことへの意識だと思うんです。だから私もまずやってみることが大事だと思って、今回のレコーディングではいろいろな表現をディレクターさんにぶつけています。セリフ部分だったら舞台っぽくや声優っぽい表現を。その結果選ばれたテイクが使われていて、私はこういう歌い方もできる、こういう声も出せるというのがここにある。そういう自分を出せた初めてのものがこのアルバムな気がします。

夏焼:私はまたちょっと違って、PINK CRES.(Berryz工房活動休止後に夏焼が結成したユニット)はBerryz工房とはジャンルの違うユニットだったので、アップグレードというよりチャレンジの意識でした。解散後は好きだったファッション系ももっと挑戦していきたいという考えもあったんです。けれど、このユニットでまた歌う機会を頂けて、それからですね。アップグレードしていこうと考えたのは。まだまだ上にいけると思うし、聴いてくれた方がそんな自分を感じてくれていたら嬉しいです。

――夏焼さんはMSMWで出身グループによるカラーの違いを話していました。今回のユニットで改めて発見したことはありますか?

夏焼:愛ちゃんはモーニング娘。時代から、力強い歌声の持ち主という印象でしたけど、今回は大人の女性感。色っぽい歌い方で、歌詞が面白くても、愛ちゃんが歌うとその歌詞を忘れるくらい引き込まれます。れいなちゃんは一曲一曲全部違う人のように変えてきて、その技術は本当にすごい。特にセリフのところ。イケメンな男を出してきて、演技派感がすごいですね。

下に続きます
■「ラフ・アンド・ピース」
2022年4月27日(水)発売
CD+DVD(MV5曲+メイキング映像)/3,850円(税込)
【Amazon.co.jp限定】ラフ・アンド・ピース (メガジャケ付)
【Amazon.co.jp限定】ラフ・アンド・ピース (メガジャケ付)
高橋愛・田中れいな・夏焼雅 (アーティスト)
UP-FRONT WORKS
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
7

  • 「ラフ・アンド・ピース」をリリースする夏焼雅、高橋愛、田中れいな(左から)
  • 【写真を見る】高橋愛、田中れいな、夏焼雅。MV衣装での撮り下ろしSHOT
  • 高橋愛
  • 田中れいな
  • 田中れいな
  • 夏焼雅
  • 夏焼雅

関連人物

  • 高橋愛

    高橋愛

  • 田中れいな

    田中れいな

  • 夏焼雅

    夏焼雅

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

もっと見る