閉じる

<ドラマアカデミー賞>助演女優賞は「妻、小学生になる。」毎田暖乃 難役に挑戦も最後は『涙も自然に出てきました』

2022/05/26 17:01

助演女優賞を受賞した毎田暖乃
助演女優賞を受賞した毎田暖乃撮影=石塚雅人

小学生だけど中身は40代…難役に挑戦

2022年1~3月放送ドラマを対象に開催した「第111回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」の受賞者を発表中。助演女優賞を受賞したのは、堤真一主演「妻、小学生になる。」(TBS系)に出演した子役の毎田暖乃。10年前に他界した妻・貴恵(石田ゆり子)と、圭介(堤)ら家族が奇跡の再会を果たすホームドラマで、貴恵の生まれ変わりという難役に挑んだ10歳は、「大人の妻に見えるし、母に見えるし、寂しい子供にも見えてすごい!」「将来が楽しみ」と注目された。

「このような演技の賞をもらうのは初めてで、すごくうれしいです」と受賞を喜んだ毎田。「この役に決まったときは、小学生だけど中身は40代の女性という演技をするのは難しいと思いました。でも、面白い設定の作品だからやってみたかったんです」と早くも女優魂をのぞかせる。

演じるにあたっては「原作漫画を読み込んで、私が演じる万理華の中に入ってしまう貴恵はどういう人なのか、これまでどうやって生きてきたのか、台本に書いていないことを考え、演技指導の先生と相談しながら、イメージを膨らませていきました」。

「自分が経験したことのないお母さんの気持ちになるのはやっぱり難しかったですね」と語るも、「畑でのラストシーンは特に真剣に演じ、涙も自然に出てきました」という名演で視聴者を魅了した。

撮影期間中に共演者とも仲良くなったようで「あのとき(ラストシーン)はドラマの撮影が終わってしまうのが、すごく寂しかったです」と当時の心境を明かす。「でも、最後は圭介と麻衣(蒔田彩珠)が貴恵の死を乗り越え前を向いてくれて良かった。幸せだけどちょっと悲しいような本当に“あったかい”ドラマでした」と作品を振り返った。
(取材・文=小田慶子)

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

↓↓インタビュー全文&各賞の受賞作品は、ドラマアカデミー賞特設ページでチェック↓↓
ザテレビジョンドラマアカデミー賞

画像一覧
2

  • 助演女優賞を受賞した毎田暖乃
  • 【写真を見る】主演男優賞を受賞したのは「ミステリと言う勿れ」の菅田将暉

関連番組

No Image

妻、小学生になる。

出演者:堤真一 石田ゆり子 蒔田彩珠 森田望智 毎田暖乃 柳家喬太郎 飯塚悟志 馬場徹 田中俊介 水谷果穂 小椋梨央 當真あみ 杉野遥亮  ほか

関連人物

  • No Image

    毎田暖乃

  • No Image

    堤真一

  • 石田ゆり子

    石田ゆり子

  • No Image

    蒔田彩珠

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る