「みをつくし料理帖」実力派女優・黒木華でも“眉”のコントロールには苦戦!

2017/05/13 07:00 配信

ドラマ

5月13日(土)スタートの時代劇「みをつくし料理帖」(NHK総合)で、黒木華が腕一本で料理人として身を立て奮闘していく天涯孤独の女性・澪を演じる。NHKドラマ初主演となる彼女にドラマへの意気込みを聞いた。

――このドラマの話が来た時の感想は?

原作がすごく人気のある、愛されている作品ですので、いろんな人に『華ちゃんがやるんだね』と言ってもらえましたね。だから『私で大丈夫かな』とも思いましたけれど、そのために自分で料理をしたり、柳原(尚之・紀子)先生という和食の先生のところにお伺いして、勉強していました。

――もともと料理はする方ですか?

鍋とか煮物とか、和食は作るんですが、自分自身に作るものが多かったので、ドラマ出演のためにきちんと教えていただきました。先生のところでは基礎的なことはもちろん『はてな飯』や『とろとろ茶碗蒸し』など、ドラマに出てくる料理の練習をしました。カツオを最初からさばいたりもしました。

――その出来栄えは?

ブリはさばいたことがあったんですけれど、カツオは初めてで、もう5、6本さばきました。自分でもすごく食べましたし、周りもおいしいとってくれました。実際の撮影ではお客さん役の方用にたくさん作らないといけないので、それはもちろん先生が作ってくださっています。それもやはり、おいしいです(笑)。

――ドラマでは出汁(だし)の取り方が大きなトピックになりますが、その練習も?

はい、ありがたかったです。自分で出汁を取るって、時間がない中、料理を作っているとなかなかできないことなので。そういう基礎的なことを知ることによって家で試すこともできたので、あらためて、すてきだなって思いました。劇中ではカツオ節を本当に削るんですが、粗く削って出すとやっぱり香りがいいですし、すごく細かいことで、こんなに味が変わるんだなって思うことがたくさんありますね。お米も、研ぎ方でつやっとしたり。今和包丁を使っているんですけれど、『自分の力ではなく、包丁の力で切る』いうことを意識すると、野菜もすごく美しく仕上がりますし、そういう細かいところがすごく勉強になりました。

芝居+料理の同時進行に大苦戦!? (2/3)

くろき・はる='90年3月14日生まれ、大阪府出身。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」(5月27日・土公開)と「海辺のリア」(6月3日・土公開)にも出演

みをつくし料理帖
5月13日(土)スタート
夜6.05-6.43 NHK総合で放送

◆ザテレビジョンからのお知らせ◆
5月10日(水)発売の週刊ザテレビジョン20号に、黒木華や、野村周平&山村隆太のサイン入り生写真プレゼントを掲載中!応募はこちらから!締め切りは5月16日(火)まで!※応募には誌面記載のパスワードが必要です※

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース